新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

沖縄ー東京RVCAー千葉タイラー・ウォーレン『レッドライン6’5″』_(2286文字)

少し遅いポストとなりました。

こんにちは、どんな日曜日でしたか?

こちらは波よし、風よし、天気最高でした。

ただ、11時くらいから東風が吹いてきたので、

その時間からは斜面が乱れてしまいました。

これは昨日の勝浦。

きれいなハート雲とその隣にプリズムが出ていたアフターサーフ。

東京恵比寿では、

ウナクネ流でもありますRVCAガールズライン展示会がありまして、

沖縄から成田経由で直接そこに行ってみると、

それはそれはのすばらしパーティとなっていて、

しかも洋式というか、

カリフォルニアスタイルだったことにびっくり。

それはOEC(おいしい)

テリーヌ・ド・手長エビ(Terrine de Grosses Langoustines)

これに私はやられました。

RVCAガールズ新作。

このTシャツなどは、まんま私のストライクゾーンでして、

聞いてみると、メンズにはこのデザインがないそうで、

もしかするとガールズのXLならば着られると踏んでいる。

数年前のディーゼル展示会でお世話になった

天才クリエーターの犬帥(けんすい)さんもいらしていて、

いわゆる業界の大物だらけとなった3Fフロア。

犬帥さんと私は同じ歳なんです。

こちらAbemaTVでおなじみのジェットアキラさんを左手に、

中央は、日本プロサーフ連盟(JPSA)顧問の腰添さん。

私たちはサーフ界の長島茂雄さんと呼んでいる人です。

そしてウナクネ鈴木さんは、新旧サーフィンライフのお人。

湘南の名店Savas Coffeeさんの超バリスタしょうこさん(右)もいらしていて、

なんでも今回のすばらしすぎる空間デザインを手がけたのだそう。

やはり天才的な才女ですね。

カミングアウト_タイラー・ウォーレン@フィジー_コーヒーマニアに向けて_鎌倉の中村さん家に_(1638文字)

昨日も登場してくれたウナクネ聖式カルちゃん(左)のお隣は、

PR天才のムーニーマン、

そしてヘアスタイリングポマードBYRD平藤(ひらふじ)さん、

美容師の佐藤さん、その隣が歌手のナツサマーさん。

エナジードリンク。

そして、

昨日の朝は河合さんとアクアライン経由で千葉までやってきまして、

勝浦ひな祭り、じゃなかったマリブ祭。

ウナクネ師範代の河合さんとフィンレスツナくん。

キャッチサーフのオディシープランク7’と、

私シェイプのフィッシュも見えます。

うれしき画像。

ビームスの矢嶋さんに私の旧式ウナクネエックスをお貸しし、

矢嶋さんのご友人たちとで貸し切りサーフ。

たくさんサーフして、

冒頭の夕陽を見つつ茂原のスシローに行き、

持ち込んだヨギティーを飲みつつ、

(店員さんには了解を得ました)

↑こんなことは書きたくないけど、うるさい人がいるので。

えんがわ、鯛、はまちを中心にツナくん13皿。

私はどのくらい食べたのだろうか?

かなりの量で、それはまるで高校球児のようです。

あの全農も40億円を投資したスシローのおいしいネタにうっとり。

逆においしくないのが「ウニ」だったかな?

産地が違ったり、特ネタになっていると食べるのだけど、

いつも残念に感じる。

表現するのならネネちゃんのママのお味。

(©クレヨンしんちゃん)

そんな夜を通過し、

連日寝不足もあって、

超早寝をしてたっぷりと寝てからNAKISURFに行くと、

なんとタイラー・ウォーレン印のレッドライン6’5″が届いていた。

ちょうどやってきたアイアンシェフの松本さんもレッドライン派というか、

すでに試作段階でオーダーをされていたので、

ご一緒に詳細に目を入れていった。

Tyler Warren’s REDLINE 6’5″ x 19-5/8″ x 2-5/8″

ツナくんといざいざと一宮に向かうと、なんと見事に無人。

波のサイズが一定以上あると起きるいつもの現象。

体操している私の後ろに見えるのはセンターで、

あちらは30人以上が入っていて、

堤防をはさんでこのピークが無人とはこれいかに。

このマンライのシャカ狼煙(のろし)を二人で上げたのでした。

思うにラーメン屋などの行列もそうだが、

「誰もいないと良くない」と思うのだろうか?

いつも寡黙で静かなウナクネ柔式ツナくん。

NATION The Pink Champagne on Ice 6’11” Single fin

昨夜、前出のスシローでカツオを食べながら彼が言ったこの言葉が忘れられない。

「あのう、ウナクネ道はですね、

武士道の伝統に由来する我が国で、

体系化された魂技の修錬による心技一如の運動文化だと感じています。

波乗道を修錬して心技体を一体として鍛え、

人格を磨き、道徳心を高め、礼節を尊重する態度を養い、

社会の平和と繁栄に寄与する人間形成の道であると思います」

賛同しますパチパチ。

そう言いながら私は流れてきたテッカマキを頬張るのでありました。

(注文するよりベルト上に良いネタがあったりもする)

さて、

波質はほぼダンパーというコンディションだったが、

私はセットだけに狙いを定める作戦。

なぜならサイズがある波に乗りたかったから。

でもなぜ沖縄よりも千葉の方が波があるのだろうか?

永遠の疑問になるのか。

このレッドラインのテイクオフが異様に速く、

そしてプレーニングのすごさというのがあり、

高速でサーフする愉楽というか、

最高のセッションをしたのであります。

詳しくは明日、

インプレッションとして書きます。

それではすてきな日曜日の夜をお過ごしください。

大好きなサザエさん、ちょうどいま始まりました!

今日は『▽未来はバラ色▽あたりまえ大作戦▽寝言のいろいろ』です。

間に合った。(笑)


Tagged on: ,