新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

暖水千葉北の寛容サーフィン_(927文字)

えー、今日は千葉北です。

これから都内に出ます。

千葉北一宮は、水温が急上昇中で、昨日は25度。

今日は少し下がったが、十分温かい。

これは木曜日。

あの水曜日の低気圧からの時化で、

ウナクネマーちゃんが、漁が休みになりましたと、

平日サーフにやってきてくれました。

伊豆のフィッシュイベントで掲げられた有名すぎるイエローフィンこと、

Thin Mintのスワローで大マンライ日の始まり。

Masaki Machan

Tyler Warren’s Swallowed Thin Mint 5’4″

.

ロングジョンのマーちゃんが良い味を出している。

この波は堤防の沖からピークし、

それが通常のブレイクに連結し、

さらにはインサイド、ショアブレイクとつながり、

最後には波打ち際まで乗っていけるという波質だった。

もちろん無人。

私もUNK-Sで150mに渡るロングライドを得た。

寛容という名の波と、

弾けるようなボードが融合した瞬間。

静かな愉楽が空と海にあり、

私たちはどこまでも羽ばたくようにその長い波に乗っていったのでありました。

そしてこれは昨日の金曜日。

木曜日の水温20度。

昨日が25度と突然5度も水温が高くなり、

真夏の予告編のような海となった。

波もか弱く、セットでモモ、

もしかしたら腰くらいの極小サイズであったが、

温かい海は楽しく、

外気も30度ある真夏日の至福はトランクスサーファーなら、

砂浜に横たわったときに感じいるものがある。

海の家が徐々にできている。

しかし、

海の家というシステムはもはや前時代のものであるはずなので、

創意工夫が必要であるかと。

ジャグジーとかボルダリング、

ビリヤードに卓球、BBQ等々。

サン・セバスチャン(ドノスティア)は、

フランス国境に近いスペインの海岸。

そこでシングルフィンのRVCAミートがあって、

ヨーロッパのウナクネサーファーはここに集結する。

フィンがない人も集まれるミートがあればいい。

そんなことを思いつつ、

ナブスターだけのミニマルフィン動画を昨日の画像をつなげて作ってみました。

すばらしい土曜日に!

これからみんなで新宿の私ポップアップ個展に行きます。

Wonderful weekend!!