新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【動画あり】カリフォルニア編まとめ4_(1179文字)

春です!

春分の日です。

暦の上で正式に春となりましたね。

めでたしめでたし。

2018 Inaris, North Hawaii

.

写真を整理していたらこんな波が現れた。

温かい波はすぐそこにやってきています。

この寒空&冷水にトランクスと、

ウールのセーターだけで漕ぎ出していくブライアン・ベント。

「1940年はこれが冬のいでたちだったからな」

そこまでこだわって、

レトロ路線を貫くのは、

オーセンティックでありながらクールを通り越して、

オーバークールだと思いながらシャッターを押した。

「日本出発の前に」

そう言って、

ワインとチーズのテーブルを設けてくれたのは、

NATIONのライアン・イングル博士。

ケイティカイと一緒に、

それは楽しい時間となりました。

博士はCJネルソンサーフボードのデザインも請け、

さらなるサーフボードシェイプの精細さと、

適合性を確かめているように見える。

私がハンバーガーを頼むと歓声が上がるのは、

これがアメリカの国民食だからだろうか。

例えばアメリカ人と日本で食事をするとき、

彼、彼女が「かけうどん」または、

「焼き魚定食」のようなものを注文すると、

歓声が上がるのだろうか?

またはホストである日本人はそれに喜ぶのだろうか?

そう自問すると、

「アメリカ人の国旗と、日本人の国旗の違い」

そんなことに気づき、

さらには愛国心ということまで考え始めた。

話は戻るが、

このフレンチフライは硬くて、

香ばしく、そして風味が豊かだった。

きっと生ポテトを低温で、

じっくりと揚げたのだろうと想像する。

サンオノフレサーフカンパニーのヘイリー。

彼女はこうして毎日お裁縫をしている。

グレイトサーファーが作るサーフ用具には、

魂が込められていると直感した瞬間をパシャリ。

BBQのパシャリ。

佑麻くんのうれしそうなこと。

これはサンタモニカのソーテル付近。

映画のポスターコレクションに見えるが、

良く見ると、

“Player One”と全てオマージュADだと気づいた。

California Highway 126

.

山にSBと字が書いてあって、

そこから38=サバちゃんと連想するのはいつものこと。

アレシボメッセージをのせて走るNAKISURFバン。

サバサバしてます。

チラシもタキビネコステッカーで貼られていて、

これはタギングではなく、

今週末と来週は、

東京と大阪でRVCAの展示会があるそうです。

間に合うといいなぁ。

さて、リンコン映像と、

佑麻くんと私のフォードアーズでVlog、

つまりビデオブログを作ってみました。

それにしても、

なぜここまでタイラーのボードが速いのか、

誰か科学者に解明してもらいたいと考えていた寒い朝。

それではどうぞすばらしい春分の日としてください!!

Have a wonderful Spring day!!