新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

第二回ライフスタイル&サーフショット・コンテスト_台風15号のうねり到達!_(1881文字)

情景部門グランプリ

「朝陽の波」

カメラ:Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II

選評(審査員長:宮鯖滝呂)

「目に焼き付いた」

そんな表現があるが、

これこそがまさにその瞬間だろう。

足摺岬由来、大岐の浜での一コマだという。

光の中でパドリングするサーファーの躍動、

夢波はすぐそこにあるかのような表現力。

仲間部門グランプリ

「ダブル8ポイント」

カメラ:Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II

選評(審査員:ラカ法王)

山の日に『やまびこ』という合い言葉が出てきました。

金のにぼしさんゲットです。

さてですね、

この作品はナキさんとカルちゃんが、

今まさに上陸しようという瞬間です。

沖から乗って、

ボードが砂またはリーフに接地するまで乗るのが正しいサーフィンだと、

トム・カレンさんはぼくが小さい頃、

サーファーマガジン誌に書いていました。

ぼくたちはそれを受けて、沖から乗って、最後にサバ手で上陸すると、

1ポイントを得ることができる設定にしました。

1セッションで88ポイントを集めると、免許皆伝という遊びです。

でも88ポイントは、

88回もの上陸が必要なので、なかなか皆伝できませんでした。

そこで、

ひとり、ふたりと連続して上陸するのを『ダブル』として、

それを成功させると8ポイントとしました。

そして3人、4人をそれぞれ『トリプル』『クアッド』として、

トリプルが38ポイント、

クアッドで88ポイントとなりました。

サーファーは誰でもいいのですが、

みんな途中で止めちゃうので、

ウナクネ仲間が多く入っているところが皆伝に近づきます。

なので仲間がいると集めやすくなるので、

ぼくたちはいつも一緒にサーフしています。

情景部門グランプリ

「バリー・マッギー76」

カメラ:Canon EOS 7D
レンズ:EF100mm Macro F2.8L

選評(審査員長:京都橘の旦那)

和食の基本は「出汁」です。

目の利いた昆布を摂氏18度の水に浸します、

そうして火を入れていって、

60度になったら昆布を引き上げます。

それから粉末にしたイリコ、いわし、さば、

トビウオ、マグロ、ムロ(アジ)を加え、

血合いを削り取った雄節を最後に入れて輪郭を付けます。

ただこの出汁は毎回同じではなく、

その日に使う食材を見渡して、

出汁の行方を見て工夫することが大切です。

感動部門特別サバ手賞

「ヒロシくん」

カメラ:iPhone 6S plus

選評(審査員:聖式カルちゃん)

写真は事実を写すと言いますが、

これはハレノバのヒロシさんが写っています。

しかも平野サーフビーチのキャンプエリアです。

ここで鎌倉極楽寺か唐津にいるヒロシさんに偶然会われる確率は、

本当にごくわずかと思われます。

ヒロシさんは、極楽寺の絶品ドーナッツを経て、

昨年より日本全国を廻る旅に出ていて、

その前の週までは新潟苗場スキー場でフジロックの設営をしていたそうです。

ボブ・ディランもジャック・ジョンソンもみんなヒロシさんを慕っていて、

それはぼくたちも同じです。

「出発前にさ、湘南に寄って石田さんの遺影に手を合わせてきたら、

マナブくんやポイくん、

森やんやヒロシくんという石田さんチルドレンズに会えた。

きっと石田さんは大好きな岬波に乗りたくて、俺の車に乗ってきたんだろうね」

そうナキさんは言いました。

ここに石田さんブラザーズのヒロシさんとお会いしたのは、

偶然ではなく、必然だったのかもしれませんね。

この作品が感動部門特別サバ手賞になったとき、

ぼくたち家族はちょうど伊勢神宮まで行きまして、

赤福本店で赤福(3つで280円)を食べていたときだったのですが、

その赤福を飲み込みながら震えました。

これこそがウナクネ磁力が紡ぐ真実です。

Catch Surf ®ODYSEA Skipper Fish 6’6″

Special Fins

.

ウナクネ土佐部長のヤスくんのボトムセットアップ。

台風14号(ヤギ・YAGI)のうねりがまだあって、

加えて台風15号 (リーピ・LEEPI)のうねりも入ってきた。

「もう波がなくなることはない」

そう感じてしまうほど波だらけになっている。

さすがに体も悲鳴を上げていて、

首の後ろ、右肘、右手親指の付け根が最近の痛み発信源で、

右膝、腰が元々痛んでいたところなので、

痛みのお祭りみたくなっている。

四万十&文旦。

土佐ですね。

(第一回フォトコンテストへのリンクはこちらです↓)

【テクニック編】ダックダイブなんかいらない!佑麻くん編_フォトコンテスト風サーフショット選評_(1737文字)

Happy Surfing!!