新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

総帥と三蔵のクリオネ行幸啓_(828文字)

いやはや、

不思議なことばかりの日曜日だった。

不思議なことはいつもあるけれども、

昨日のはその不思議が折り重なるように層となった不思議日だった。

土曜日の藤沢石上カリフォルニアさんでの、

「アレックス・ノスト祭り」。

アレックスという名のウナクネ総帥人気、

オルタナティブ人気は熱を帯びて来たというより、

もはや爆発寸前のようです。

本当にすばらしかった。

私が波乗りを始めたのが鎌倉の七里ヶ浜。

当時のプロサーフィンの賞金王が、

自分が毎日入るリーフブレイクの前に住んでいた。

その名を湯山美佐男さんという。

Alex Knost and Misao Yuyama

.

その湯山さんは、

「ミサくん」と呼ばれて多くの人に慕われている。

私にとっては雲の上の人だが、

そのミサくんが総帥とお会いした瞬間をカメラに収めることができた。

私の歴史としては、

創始と帰着がメビウスの輪のようにつながった瞬間でありました。

【naki’sコラム】vol.64 私編、波乗りの歴史_(48420文字)

そのミサさんのもうひとつのホームブレイクがあり、

そこでアレックスがサーフしたいというので、

行ってみると、

日曜日だというのにそのメインブレイクにはサーファーはたった3人。

着替えているあいだに一人増えて4人という奇跡的なコンディションだった。

快晴、夏日、ほぼ無風、

そしてたった4人の七里ヶ浜。

不思議ですよね。

三蔵法師㉚ことYoheyさんがフィンレスで、

アレックス・ノスト①と波を分かち合うのが新時代どまんなかで、

コアなファンがこれを見たら、

その感激で手先がピヨ、ピーヨとクリオネ化したことだろう。

サーフ後。

総帥と三蔵は藤沢の名店蕎麦屋へ、

また極楽寺へ花見に行幸啓(ぎょうこうけい)した。

Kamakura, Tokiwa

.

まだ移動が続いているので、

これらの詳細は後日にまた。

それでは今日もすばらしい日となりますように!

雨が降ってきましたね。

Happy Surfing!!!