新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】三連休スペシャル_ジェフリーズの波質_アメリカの豊穣と疲弊をフリーウエィから知り、USタキビナイトの愉楽_8ホテル・フーディガイド_(1999文字)

まずは回想編です。

けれど、

そこまで古い話ではなく、

これは19日(木曜)の千葉北、一宮ジェフリーズ。

Chiba Jeffrey’s

Catch Surf ®ODYSEA Skipper Fish

Tyler Stanaland Pro 6′0″

.

湘南から千葉までやってくると、

見事に北東風が吹き荒れていた。

この日の波情報は、

かなり低い点数を一宮に付けていた。

(いいぞいいぞ)

きっと北の飯岡や銚子の風が合っているからだろう。

そして勝浦も良さそうだった。

NAKISURF界隈は、

この風をかわすところがいくつかある。

正確には、

ジェフリーズ寄りのタキビシ・ピークだ。

いわゆる冬の風の日。

肌寒い平日ということと、

上記した波情報の点からか、

一宮海岸の砂地駐車場の北側には、

たった4台しか車が停まっていなかった。

5人ほどサーファーが入っていたが、

全員がエックスとジェフリーズの間で波待ちをしていたので、

ジェフリーズから北は無人だった。

NAKISURFのスタッフ間では、

フィッシュ・ブームが巻き起こっていて、

それぞれの得物があるのだが、

この日は、

ナカガワがオレンジ色のフィッシュを持ってやってきた。

南東グランド・スウェルと、

北東からの風波の混合という波質は、

「合わさって、角度を変えて離れていく」

というもので、

いつものタキビシ・ピークの特性をまとっていた。

具体例を示すとなると、

カリフォルニアのリンコン岬、

本家南アフリカのジェフリーズ・ベイ、

中土佐のドラゴン・ベイ

(北の大きな港という意味の地名でした)。

この辺りだと、

川の横にあるインポッシブルが似た波質だろうか。

「(波斜面が)斜め横に開いて走っていく」

言葉にするとこうなる。

サーファーは波に入るやいなや、

斜面内にレイルを入れなくてはならない。

そして前足荷重のめくるめく視界となる。

またはオフザボトム、

オフザリップ、

ロールイン、

フローターなどを駆使しながらメイクするというワールド・クラスだけど、

滑走ラインが極めて限定される。

とにかく速い、

早い波質だけど、

自身が斜面にいることができたら抜けられる、

そうでないと、

つまり泡をしょってしまったり、

ブレイク・バウンスの後ろに入ると、

波をメイクすることは途端にむずかしくなる。

そんな波。

【第二部】

カリフォルニア編。

到着後、

金曜日のウエスト・ハリウッドの大渋滞を通過すると、

トランプ政権の豊穣と、

疲弊と膨張ということを実感できた。

これはきっと瀧朗もそうだし、

そうなってくると、

村上春樹さんなどもこういう空気というか、

感覚を瞬時に判別するだろう。

「トレーダージョーズに行く」

そこまでは昨日書いたはずで、

店内に入ると、

収穫祭に向けて華やかだった。

それにしても12個程度入ったイチジクが、

400円であることに恐れ入った。

(カリフォルニア州はほとんどの食品は無消費税)

一個40円以下で旬の果実が食べられる。

日本ではあまり流行していないが、

コンブチャ(間違った翻訳による名前だという)が、

新商品を増やしていたり、

野菜ジュースのようなサラダ・ドレッシングが、

健康志向のカリフォルニアンを象徴するように並んでいた。

ひたすら美しい。

購入物一覧。

こちらもコールド・プレスのジュースや、

前述したコンブチャ、

生のピスタチオ、

バナナに大好物のブラータチーズという視界となった。

メキシコのモデロ・ビールは、

ベンチュラ・セイジへのプレゼント。

たいていのゲストは、

こうしてビールやワインなどを、

「自分で飲むであろう本数の2〜6倍を持っていく」

ということをしている。

もしこちらで、

パーティなどに呼ばれたらこれを目安としてもいいかもしれない。

そのベンチュラ郡に到着し、

セイジのワイン農園に行くと、

すっかり夕食の時間で、

さらには鉄板焼き器が導入されていて、

祭の様相でステーキなどが焼かれていった。

楽しい、

いつものタキビナイト。

Thank you so much!!

【お知らせ】

湘南藤沢駅南口の8ホテルに

「近隣の食べものについて」

という連載を持っています。

『フーディガイド』

記念すべき10回目の掲載となりました。

内容は、

8ホテル・フロント脇に置かれている

『フーディ・スタンド』からお取りになるか、

ウエブサイトからもご覧になれます。

バックナンバーもこちらからどうぞ!

https://ameblo.jp/8hotel-foodie/entry-12527939615.html

今回は野菜です。

タランティーノです。

有機ワインです。

うれしい藤沢時間でした。

さて、

戻ってカリフォルニア。

これが今朝。

到着してから変わることなく良く晴れているが、

ひたすら寒く、

摂氏14度しかない。

けれど、

日中は35度まで上がるという。

気温差21度というのをほぼ忘れていた。

それではまた明日ここで!

Happy Surfing!!