新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

動画あります【サーフィン研究所&ドラグラ・プロダクションズ】キャッチサーフ、サンオノフレ・サーフ・カンパニー他の2020展示会!_アンディ・ニエブレスたちとシブヤナイト_突然突入した伊豆編_ダクトテープ・インビテーショナル5_トシュ・チューダーによるボード・トランスファー_(991文字)

Kiyomo Inc’s 2020 Exhibition

.

本日最終日です!

17時に間に合えばぜひ。

渋谷、

明治通り裏の、

新南口付近のスペースエッジに行ってきました。

ここでは、

キャッチサーフと、

キャプテン・フィン、

クリステンソン・サーフボードにタカヤマ、

サンオノフレ・サーフ・カンパニーの2020展示会会場があります。

これは閉館直前の画。

ドラグラ・プロダクションズ内で若頭で知られ、

今回のダクトテープ・インビテーショナルの、

日本初開催戦勝者のアンディ・ニエブレスと、

女子2位のヘイリー・ロー、

Seeaベイブのミケイラと、

かつ禅師、

ゼームス・オゴちゃん、

佐々木さん、

ブライン吉岡さん、

才女中島さんでの大団円ショット。

キャッチサーフのシエラ・リーバックは、

ダクトテープ・インビテーショナル4位となり、

ドラグラ・プロダクションズ選抜チームを作りたくなった。

シエラとザイは、

現在オーストラリアのヌーサヘッドに住んでいるのだそうで、

あちらは夏だけど、

日本も負けずに夏だと言われて誇らしかった天候であります。

晴れて良かった。

キャプテン・フィンのミッチー・アブシャー。

ドラグラ界では総督として知られ、

こうして見ると、

シブヤなのにサンオノフレの仲間だらけで、

うれしいことこの上なかった。

それにしてもミッチーは、

話しながら波に乗っているのがすごく、

日々研鑽

そんな四字熟語の意味の種というか、

胞子を私たちに与えてくれた。

すばらしい総督を私たちは持っています。

「シブヤはおもしろいところがあるよ」

そう言って、

アンディたちを連れて徘徊した。

シブヤツアー終了直前には、

デパ地下なる食の魔力を伝えた。

こんな夜と、

〆はスシローを通過し、

山中さんの運転で南伊豆付近までやってきて、

夜明けの色彩プロセスの一部始終を目撃した。

目を覚ますと、

こんな風景にさぞかし驚いたことだろう。

マケイラとヘイリー、

そしてアンディ。

ということで突然、

伊豆編が始まりました。

どうぞよろしくお願いします。

こちらがダクトテープ第五弾として、

トシュ・チューダーによるボード・トランスファー。

こちらもキャッチサーフだ。

ジョエル・チューダーの息子がキャッチサーフに乗る時代が来た。

生きていて良かった。

ただただ、すごい。

Happy Surfing!!