新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所&ドラグラ・プロダクションズ】ダクトテープ・インビテーショナル4_楽しむサーフィンのために_(1611文字)

金剛頂寺で何かを伝えてきた蛙。

昔話のような話であるが、事実でもある。

こんにちは、

11月最初の平日、

3連休明けをいかがお過ごしですか?

昨日書いたことだけど、

ダクトテープ・インビテーショナルにジャーナリストとして参加し、

しまいにはサーフィン界の未来を考えはじめた。

日本とブラジルは、

競争文化というか、

はて、

このサーファーは何位なのか、

というような官位が重要で、

カリフォルニアやハワイでは、

「楽しんだものが勝ちであり、価値である」

そのようなことを学んできた。

Catch Surf Skipper Fish J.O.B. Pro Edition 6’6″

Nakisurf Original Twin + VEKTOR VT

土佐高知エアポート・バンクで乗った夢波。

.

どんなボードに乗ろうとも、

誰であろうとも

『最も楽しんだもの』に栄光が与えられる。

Halie Rohr

.

ヘイリー・ローは、

たいていサンオノフレやドヒニーでサーフしている。

そう、

アンディ・ニエブレスたちと同様なのは、

サンオノフレは東風や南東風がオフショアで、

ドヒニーは北風日がエクセレント。

とすると、

どちらかに行けば、

ほぼ毎日サーフできる環境となる。

さらに言うと、

ドヒニー裏のソルトクリークは、

ストランズ岬が突き出ているので、

たいていの南風が無風となる。

さて、

『ワン・フィンコンテスト』

という大きな賞金のコンテストがWEB投稿であり、

ヘイリーはそのライディング映像で優勝した経歴を持ちつつ、

ハンドメイドが大好きなかわいい子で知られ、

サンオノフレ・サーフ・カンパニーで自身の表現をしている手芸的かつ、

寡黙で、

たいてい笑顔のグレイトサーファーだ。

今回ダクトテープ・インビテーショナルで二位となって、

その結果に驚いていたが、

彼女はいつでも優勝するだろう、

そんな滑走を表現することができる。

こちらもサンオノフレとドヒニーを行き来するミケイラ。

このブログでかなり登場しているので、

ご存じの読者も多いだろう。

後ろにサバ手が見えるのも興味深い。

ミケイラは、

水着シーアのベイブ(アンバサダー)で、

彼女たちと奄美大島に行き、サーフィンを楽しんだ。

(巻末リンク*1参照)

こちらはミッチー・アブシャー総督と、

横山泰介長老と人魚並に泳げる佐枝さん。

ミッチ—は、

私の膝に合う可動ギブスを調達してきてくれたり、

アンディ・ニエブレスたちの兄であり、

そしてグレイトサーファーだ。

泰介さんは、

ドラグラ・プロダクションズ内での長老役であり、

いまは亡きデューク・カハナモクの思想を継ぐ方だと思うと、

「おひかえなさい。この方こそが〜」

と助さん格さんの気持ちとなってしまう。

(巻末リンク*2、3へ)

ドラグラ界の棟梁中村豪さんと、

藍(あい)ちゃんと涼(すず)ちゃん。

伝統芸能のようなサーフをする中村清太郎くん、

そしてゼームス坂で修練を積んだウナクネオゴちゃん。

(巻末リンク*4参照)

ブルードラゴンで会ったアンドリュー・キッドマン。

「3日はフジサワだからね」

(巻末リンク*5参照)

そう言うので会いに行くと、

彼が作った同人誌「アセトン」にサインをしてくれた。

アンディ・ニエブレスとウナクネケイスケ。

千葉北夷隅周辺か、

太東岬、

ジェフリーズあたりにいるタキビシ系列の友人であるが、

波乗りを愛する熱い男で、

「楽しいサーフ世界を構築したい」

そんな大きな夢を持っている。

「テイテイ」

彼女もサンオノフレ・ガールズの一人で、

私たちは彼女のことをそう呼ぶ。

今回は総帥のガールフレンドのダニエラと一緒に登場した。

ワイルドでキュートなハニーであります。

【巻末リンク*1:Seeaと奄美大島】

奄美大島伝統のサイコーヨー_(620文字)

【巻末リンク*2:横山泰介さん】

グリーンルーム・フェスティバル_ RVCA X H BEAUTY & YOUTH_横山泰介さんの炎のスーパーセルフィー_フレッチャー始皇帝親子とジョエル・チューダー騎士のいろいろ_(2132文字)

【巻末リンク*3:ミッチ—だったり、サンオノフレとか】

ウナクネさん(鰻捻八十八箇所巡礼)_(1313文字)

【巻末リンク*4:中村家ですよ〜】

【サーフィン研究所】テイクオフの視界_鎌倉妙本寺から272°酉の方角に_中村家_(1629文字)

【巻末リンク*5:初対面アンドリュー・キッドマン】

【サーフィン研究所特大号】千葉タキビ・ベイ_四国ブルードラゴンへ_アンドリュー・キッドマンと深い話_(2268文字)

Happy Surfing!!