新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所:重要】海が痩せてきた_(1674文字)

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

Nakisurf Original fin + Vektor VT

.

Bonzer 1971

.

最近の台風が猛列過ぎて、

砂がごっそりと無くなってしまった。

そして、

海岸に隠されていた人口的ないろいろが露出している。

「あれー、こんなところにテトラが隠されている」

「ここに入れる意味がわからないんだけど」

「これ一個いくらか知っている?」

「わかりません(11歳児)」

「30万円から100万円と言われているんだよ」

「えー、そんなにするのですか?(11歳児)」

「ここに設置するまで、作る費用がかかっていて、

輸送したり、工事したりと、かなりの労力がかかるからね」

「ここに見えるだけで軽く5万個はあるから、

一個30万円として、150億円だね」

一同絶句。

「あのー、地質に詳しい先生がいて、

川から砂が流れてこなくなったから、

海が痩せてきたと言っていました(11歳児)」

「そうなんだよ。ダムとか護岸だね」

「さっき河口で、シャベルカーが砂を取っていました。

あれを海に戻せばいいのですよね(11歳児)」

「あれはコンクリートを作る上質な素材だからそんなことをしないよ」

「オーストラリアとかは、

ダム建立等で流れてこなくなった砂を算出して、

きちんと海に流しているらしいよ」

「すばらしい」

「日本はさ、さらに高度成長したい国だから、

そんなにもったいないことはしないんだ」

「ではどうするのですか?(11歳児)」

「そのコンクリートを海に戻すのさ」

「!」

「護岸業界か!」

「かなりのものでっせ〜。儲かります。大儲けや」

「その費用は税金だしね」

「とどまることがなく、ここまで来たのでしょうね」

「海のガン細胞みたいなものか」

「だから、海がやせてきました(11歳児)」

「護岸をするときは、集まった税金からではなく、

その都度国民から徴収して建立すればいいんだよ」

「そうすれば、建立の合否が毎回問える」

「必要か、必要でないかと」

「いいね〜」

「千葉九十九里浜、66km長、10m高、

25m幅津波抑制護岸壁建立、

国民ひとりあたり五万円を支払う法案」

「あはは、絶対に払えません」

「そうなってくると、東京オリンピック用だとか言って、

ヨットハーバーの建造費用を負担させられるだろうし」

「喜ぶような名目とか、不安を煽るようなことでね」

「そんなことになっていたのか!」

「むう!」

「(サーフィン研究所の)所長がね、

これからは護岸やテトラを除去する工事が始まるといい。

だって護岸業界の人たちは、仕事がなくならなければ、

誰も怨まないし、うまく行くと言っていた」

「(佐久間)洋之介くんの理想でしたね」

「日本もローカルだとか、

そうでないと言っている場合ではなく、

サーファーはもちろん、市民が一致団結して、

こうした護岸や美浜を取り戻すことをしないとなりませんね」

「それにしてもそのことだけど、

ローカルオンリーだと言うことって、恥ずかしいと思わないのかなぁ?」

「それなら駅も食堂もローカル優先にすればいい」

「おー、お前、お前だ!ローカルじゃないのにここに来るな。

靴が大きすぎる、ベルトをしろ、変なカッコウするな」

「言われそう〜。横入りをしてきたり、お前この電車乗るな、これ喰うなとかね(笑)」

「同じことですよね」

「下手をすると、この電車(波)ではなく、

駅(サーフスポット)から出ろ、違う駅(場所)に行けと言われる」

「当たり前のように、真面目な顔をしてそう言う」

「お前は看守かと言いたい。そして俺たちは囚人だ」

「変ですよね(11歳児)」

「日本は変になっちゃったなぁ」

「変わりましょう!(11歳児)」

「お、いいね!」

「子どもに言われると、絶対に変われる気がするよ」

「かんたんです!(11歳児)」

「さすが知っているね〜」

(一同笑)

でもしかし、

その膨大な量の全体主義の圧力を感じたのか、

言いだした人が悲しそうな顔になったのを見逃さなかった。

#みんなでサーフィンを変えていく

Please Happy Surfing!!