新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】伊豆のアンディ・デイビスのイベント到着!_ラッコ鍋にサザエさん_赤影タキビ神_(1449文字)

こんにちは、

伊豆までやってきました。

(伊豆名物の「いなか寿司」をいただきました)

.

伊豆下田までは、

湘南経由でおよそ七時間のドライブ。

最短距離でなく、

海岸線を見ながらが楽しいのです。

念願のボンザー1971に乗ったラカ太郎くん。

「こんなに速いと思いませんでした!」

正しいコメントを寄せる頭脳明晰な小学生です。

こんなメニューの楽しいサーフ日でした。

ラカ太郎&二郎くんたちと沖で潜ったり、

それは楽しい時間を過ごしたのが今朝。

伊豆は、

びっくりするほど美しい海にいつも感動させられる。

さてお知らせです。

ここ伊豆下田市、

道の駅開国下田みなとで、

アンディー・デイビスの大型原画の公開されました。

同時に写真展も開催されております。

展示は、

レジェンド&人格者水口さんで、

こちらは今村厚くんの白浜作品をメインに、

伊豆の美波の数々。

伊豆の奇跡とされる土屋ターさんは、

アクリルプリントの透明作品群の展示。

新鋭マリーさんの伊豆作品にほのぼのし、

そして私は、

カリフォルニア作品を展示しております。

早速鈴木直人さんが来てくれました。

こちら17時から上映されるサーフィン映画で、

あの伝説作をショート版としてデジタル版で上映します。

『下田市とアメリカ合衆国のホストタウン記念・
アンディー・デイビス氏原画作品を公開パーティ』

どうぞお誘い合わせの上、

ご来場ください。

【第二部】

京都酒蔵館の旦那からこんな食材が届いた。

ラッコ!?

そう思ったら鱧(ハモ)だった。

ありがたくいただき、

スープ等全てが雑炊となり、

そして金目鯛は炊かれてさらに美しい紅を見せた。

旦那からのプレゼントは、

いつも愛があり、

そして食いしん坊の側に立っているから感動させられる。

自分もこうでないとならないと勉強した。

先日ドラグラ会館でサザエさんを見ていたら、

なんと高知のハイカラ・マコトくんが、

福井の時計屋さんとして登場していてびっくりしました!

【第三部】

さて、

ドラゴン・グライド・プロダクションでは、

宮鯖賢治であり、

常に数々の名言金言を届けてくれるタキビ神。

ブバラカで見かけた彼は、

バリー・マッギー7フィートを持ち出し、

ミニマル(極小)フィンで*うんならかした。

(*房州弁で、勢いが良いこと。主に乗りもので使う)

そして、

二回目のセッションでは、

フィンを外してフィンレスを滑らせた。

横で見ていた石井悟くんが、

「あんもかんも、うんならかしちぇばいいですね!」

(全て、吹き飛ばせば良いですね!というような意味。)

そう言ったのが忘れられず、

いつかここに書いた

「サーファーも囚人だよ」

と言った先輩を思い出した。

(巻末リンクを)

タキビシのいくつかのスライドを見たが、

デニーズをバックグラウンドとして見た1本が忘れられず、

シャーキヤムニ・スライドなどとネーミングしてしまった。

さて、タキビ神、

誰かに似ているなぁと考えていたら赤影だった。

昔のスチールを引っ張り出すとやはりそっくり。

赤影は、

影烈風斎の息子であり、

影一族のエースだ。

あ、すると、

タキビ一族とするならば赤影は神だ。

そんな符号に恐れ入った日でもあります。

今日はこんなものかな。

きっとサトルくんはこう言うだろうか。

あんけあれば、たくさんだっぺや。

(このくらいあれば、十分でしょう)

房州弁は、

母親が銚子の生まれ育ちなので、

よく理解できます。

方言、いいですよね。

【巻末リンク:脱獄サーフィン!?】

【サーフィン研究所・重要号】脱獄ブルース_見るということ_(1855文字)

Happy Surfing!!