新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】新世界のパイプラインとパン_フィンレスとムジカ_(1476文字)

「世のあけぼの」

室戸岬の朝陽。

新世界がやってきた。

ボンザーに乗って、

キャッチサーフに乗ると、

これまでと違う自分がいた。

ターンがより楽しめるようになり、

落とすようなテイクオフもレイルワークも全て。

ここ数日、

深夜2時半に目覚ましをかけている。

『パイプライン・マスターズ』

もったいぶっているのか、

波が良くなるのを待っているのか。

明日やらないと、

明後日からうねりは小さくなるから明日無理矢理やるのだろう。

パイプライン・マスターズをジョンジョンとケリー、

そして達人たちのチューブ・セッティングとか、

ホロー・パンプだったり、

テイクオフの色々を見たいからだ。

生でなく、

ハイライトだと、

見たい箇所がたいていカットされている。

例えば、

バレルをメイクできずに泡の下に入れられて、

浮かび上がって最初のパドリングの安定性とか、

二回目のパドリングの漕ぎ抜きかた、

ダックダイブしないときの飛び込みかたとか。

ケリーのキック・アウトなどもすばらしく、

そうこうしていると、

ジョンジョンがケリーと同じくらいすごく、

やはりサーフィンは、

フィニッシュも重要だと再確認した2019年12月。

室戸岬には、

道の駅キラメッセがあり、

たいていは8時半頃開店するから、

そこから生産者たちが品物を持ち寄るので、

9時半頃にはかなりの物資が揃う。

上の白菜は8kgの大物だそうで、

魚拓ではなく、

菜拓を取ればいいのにと思ったほどの逸品。

西山台地なる弘法大師由来の地があるが、

そこに成ったみかんのB品。

ちなみにB品とか、

ハネ、大好きです。

こちらは「ゆず」。

これだけ入って120円ならば、

鳥そばユズ味などを作ろうか。

目を入れてパン屋さんを見ると、

たいていは「マーガリン」を使っている。

または食用油脂、ショートニングだろうか。

味醂風調味料、

料理酒と同じ安価な代用品だが、

マーガリンでなく、

バターだったり、

砂糖を入れなかったりと、

きちんとした食材で作っているところが本当に少ない。

かと言って、

きちんとした店もあるわけで、

その見極めがむずかしい。

屋号のサブタイトルに、

「食材本物使用」と書いておいてくれたらいいのに。

室戸にはパン屋さんが少ないと聞いているので、

逆を言うと、

競争がなければ育たなく、

利益が取れるマーガリン派という予想だろうか。

迷いに迷う。(笑)

とにかく河合和尚のために、

遊びにくる私たちのために、

この店がすばらしいことを望むひとりである。

しんじょう君のモデルのヤスくんにカレンダーが届き、

「毎月めくるのが楽しみです」

そんな感想をいただいた。

ありがとうございます。

「今年ももう12日だね〜」

と言うと、

「太郎二郎出てましたね。昨日のブログ」

「突然思いだした。ハヤトくんがさ、

ムジカのレコードはアキくんで、

それは高知城の北側だと言っていました」

「しんちゃ〜ん!! のりちゃ〜ん!」

そんなことらしいです。(笑)

【おまけ】

フィンレスは、

自身の鍛錬のためにやっていた。

というのは、

テイクオフの際のレイル角度が最重要で、

それはまた(フィンありでの)大波と酷似していたからだ。

おかげでテイクオフの精度が上がったが、

小波で、大波の練習ができる。

けれど、

フィンレスをしているときは、

あのドリフト感覚というか、

氷路をスリックタイヤで走るというような体感となり、

あまりの速度に仮宇宙体験ができたとすら思っている。

オープン・マインドにさせてくれる動画がキャッチサーフより届きました。

イエン、

楽しそうです!

Happy Surfing!!