新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】スタージャン・ムーン_夏休みの子どもと大人たち_ムーンライトサーファー_(1476文字)

August’s full Sturgeon Moon

.

満月。

これは昨日の、

プレ・フルムーン@エックス。

調べてみると、

スタージャン・ムーンということで、

チョウザメ漁に起因する満月だった。

またはフルーツ・ムーンと呼ぶという。

さて、

全国的に夏休みです。

私はジローくんと遊び、

Catch Surf ®ODYSEA Surf Camp Special 10’0″

.

たくさん良い波に乗りました。

この10フィートのボードがあると、

二人合わせて、

体重100kg以上だけど、

かんたんに波に乗れました。

夏休みです。

夏の風味は、

温かな海水温に小振りで楽しい波。

子どもはもちろん、

大人も笑います。

Takibi God on

Catch Surf® ODYSEA x Barry McGee Special

7’0″ Finless

.

タキビ神は、

フィンレスで波に乗りました。

神は、

ひさしぶりの公休日だということで、

それはたくさんの波に乗っていた。

タキビ神のご子息ルリエル(5歳)も、

昨日のケントくんではありませんが、

ついに波に乗りはじめた。

ルリエルは、

ずっと水が怖かったのですが、

昨日は海に顔を付けられる記念日となった。

子どもの成長はときに著しい。

こうして、

ルリエルの目の高さに合わせて声援を送っていました。

ルリエルは、

アキくんの車を使って、

車登りという遊びをみんなでしていたり、

かと思うと、

ジローくんが、

まな板で波に乗り、

タローがワンパ—で波に乗っていた。

サーフボードに頼らない海遊びというのが、

とっても頼もしい。

まな板サーファー・ジロー。

古典かつ伝統的である。

神のローララ(©ロールパンナちゃん)で、

この会は絶頂に達し、

気がつくと、

マグヤンがずっと昼寝をしていた。

およそ4時間も寝ていたから、

ジローくんは、

「ヤキンだったのかな?」

そんなことを言っていた。

冒頭のスタージャン・ムーンが上がってくると、

ケイスケとニノちゃんが来て、

ムーンライト・サーファーとなった。

私は、

石川セリのメロディを思いだすのでありました。

(巻末リンク)

真夏の、

美しい黄昏。

1日が終わる。

【巻末リンク:ムーンライトサーファー】

【おまけ】

ジローくんは、

お兄ちゃんの顔に落書きをしていた。

デジタル編集だったので、

彼らは『ジセダイ(次世代)』だということを思い知らされました。

ジセダイの騎士たちと、

近所の池にブラックバスを釣りに行きました。

じつは先週にも行ったのですが、

アタリを取れたのがジローくんだけで、

なかなかむずかしいとふたりは痛感したのでありました。

前回は、

大物を狙おうとシーバスのタックルだったが、

ラージマウス・バスの権威である寺さんの教えを守り、

ゲリヤマ・センコー、

マス針にワッキ—、

スプリットショットリグとしたら、

かんたんに子バスが釣れるのでした。

Photo by Bali Yamazaki

.

ふたりは、

バス釣りはかんたんです!

そう言っていました。

バリの山崎さんはフラホッパーでボウズ

(何も釣れないということ)。

そしてマグヤンはクレージークローラーで同上。

なんでもトップで釣らないと、

バス・フィッシャーマンとしての矜持が保てないということでした。

私はどちらでも良いと思うのですが。

良く聞くと、

マグヤンはバス釣りにはまっていて、

毎朝3時から野池でフローターらしく、

そのおかげで、

昼間があれだけ眠かったのだということもつきとめました。

【先週行ったバス釣り】

【サーフィン研究所】夏遊び_ラカ・ファミリー_(1179文字)

Happy Surfing and Happy Life Style!!