新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】稲村ヶ崎そっくりの岬町波_3838ヨイヨ!_(1898文字)

Catch Surf® Skipper Fish V 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

岬町波は、

稲村ヶ崎のファースト・ピークにそっくり。

ずいぶん昔に、

——調べてみると1989年に——

『ナガヌマクラシック(現:稲村・クラッシック)』

というサーフィンの大会があった。

それは、

波サイズが伝説級になるまで何年も待ちつづけ、

もしそうなれば開催するという、

神話のようなコンテストだった。

1980年代。

まだボクだった私は、

サーフィンを始めて数年目であり、

もちろんプロサーファーにもなっていなかった。

そんなボクが、

さまざまなご縁でこの稲村クラシックに招待されることになった。

意気に感じたのだが、

「果たして自分がそんな神話波でサーフできるのだろうか?」

そんな気持ちがあった。

Brewer 6’8″

Shimoju Shaped at Pipeline 1988

Photo by Takahiro Tsuchiya

@ta_tsuchiya_tafilm

.

その稲村ヶ崎の神話波に乗るためにバリやノースショアまで行き、

さまざまな波に乗ったが、

『稲村ヶ崎の波』というのは、

自分の中では、

カリン塔の頂上みたいなもので、

常に霞んで見えないものでもありました。

John Peck December 24th, 1963

.

そしてついに。

招集がかかり、

コンテストは現実のものになった。(1989年)

そのことを17年後(2006年)に書いたものがあったので、

巻末にリンクしておきますね。

スカシーの河合さんにもDukeTが届きました。

生見海岸のオンショアが、

じつはかなり楽しい波ということがわかり、

スカシーから車で38分だということもわかった。

『おいしいもの研究所』の買いものがあり、

国道と、

無料高速関係を使って高知市内に入り、

蔦屋カルディに到着すると、

隣にサバサバ(3838)号が停まっていた。

長年このサバサバ号を探していたので、

感動しきりだった。

だが、

これを見たときには、

感涙してしまうだろうと予測していたが、

いざとなると、

不思議と落ち着いている自分に驚いた。(笑)

「市内にものすごく良い店があります」

そうタマちゃんから聞いていた。

タマちゃんは偉人なので、

適当なことは言わないし、

いつもの格言に近い発言だと、

真摯に受け止めていた。

で、

その偉人タマちゃんのオススメのお店に行ってみると、

清潔なオープンキッチンがあり、

BIOワインの数々がメニューに踊っていた。

これは期待大だ。

メニューを料理面にひっくり返す。

クラシック&モダン、

アバンギャルドであり、

ファンクな書体文字にうっとり。

『ぶどうとモッツァレラ』

を注文すると、

こんな視界が現れた。

酸味と甘味のマリアージュがあり、

モッツァレッラ・チーズの優しく、

受け止めるような風味に抱かれる。

丁寧に皮をむき、

そして種が取られていた。

この日は、

アジとタイが良いのだそうで、

ならばと注文してみると、

斬れ味鋭いアジがやってきて、

お供に直七(高知の稀少柑橘)が添えてあり、

ワサビと生姜、

そして茗荷のおいしさにムフフとなった。

さらに刺身を持ち上げている底には、

切った柿がたくさんあり、

その柿を先ほどの

「ぶどうとモッツァレッラ」のソースに付けていただくと、

店内を走り回くなる欲求に駆られ続けた。

『栗渋皮揚げ』

フレンチフライを上等にしたかのような食感で、

「滋味深い」という表現が、

この味からわかった。

「ドライいちじくとプルーンのバターはさみ」

このプレートからは、

アボットキニー通りにあるジェリーナが連想され、

(巻末リンク*2を参照ください)

私たちはまるで、

ベニス・ビーチにやってきた気持ちとなるのだった。

このアジフライのおいしいこと。

先ほどのアジさんと同じであるという。

しかも自家製タルタルの風味と、

この細かな食感等、

エトセトラエトセトラ。

最後に「にゅうめん」をいただいたのだが、

ここにも膨大な時間と、

手間をかけた里芋が浮いていて、

最後までうなりっぱなしだった。

日曜日以外は、

この天才シェフ・ド・キュイジーヌのジュンヤ氏が腕をふるっているというので、

お近くの方はもちろん、

私のように遠方からでも感動できるお店だと、

ここにご紹介させていただきます。

Yoiyo(ヨイヨ)

18:00~23:00

(日曜定休)

高知市北本町 1-3-23

088-856-6050

【巻末リンク:稲村クラシック1989年のこと】

ナガヌマクラシック/ドノバン

【巻末リンク*2:ベニスビーチ】

ベンチュラとジェリーナ_サンタモニカとトニーズピザ_(2213文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!