新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

1864年に27億7200万円(もしかすると129億6千万円)で売却された島_サーフボードモドキ!?の愉快なビーターちゃんを再発見_ツナくんのソフトサンドリーフ_WANちゃんとロング_サンオノフレの豊潤滑走日を思い出す_(1339文字)

雨が降る日は虹が多く出る。

これで何度目の虹だろうか。

今日のノースハワイは雨が多く、

よって空気が澄んでいるため、お隣のニイハウ島がよく見える。

この島はハワイ諸島唯一の私有地です。

1864年に当時の国王だったカメハメハ5世から、

グランドピアノ1台と、

10,000ドル(77万円!)でスコットランド人に島民付きで売却され、

現在に至っているんですよ。

以前、シンラ(新潮社のすばらしい雑誌、2000年休刊)で、

フィリピンだったかな?

無人島を購入されて、生活している日本人の生活が連載されていたが、

77万円ならば、俺も私有島に住んでみたいものだ。

ただ、1860年頃の貨幣価値を調べてみますと、

(長くなるので、途中の計算方法は省略しています)

当時の1円は、現在ですと、およそ3600円の価値となるようなので、

そうして考えてみると、77万円は27億7200万円となることがわかり、

さらには、

一ドル360円として(当時はドルレートがなかったが)計算すると、

129億6千万となることを知ってしばし茫然とした。

俺はというと、

旧いミニノーズライダーの下で忘れ去られていたビーターちゃんを発見し、

本日は深いことは何も考えず、

ニコリンサーフしようとパドルアウトするが、

波の良いセクションに突入するやいなや、

こうして真剣にサーフしてしまった。

ビーターちゃんは325ドル(約26000円)なので、

先ほどの27億円や129億円とは数字の開きがあるが、

片や島の値段で、こちらはサーフボードもどきの価格なので、

何も気にすることはない、と思っている。

それにしてもビーターちゃんのおもしろさというのは、

ゴーカートでぶつかっても平気なバンパーカートを走らせているようで、

それは愉快なのでありました。

ノースハワイに突然現れたのはツナくん。

「あれー!」

と驚く出現でした。

盟友フレちゃんとニコリンショット。

ツナくんは、

「ソフトサンドリーフでサーフしたいです」

とニイハウ島が見える砂浜まで行き、

季節が始まる前の柔らかい斜面を楽しんでいた。

クリスちゃん(クリスチャン・ワック)と話していると、

必ず話題となるのはフラッフィーのこと。

アメリカのネコって、気性が荒いのが多いのだけど、

フラッフィーはやさしく、のんびりで、

なすがままなんです。

なんだか不思議なネコです。

そして、7月に行ったカリフォルニア、

サンクレメンテに来たときに

「生まれて初めてのロングです」

とおそるおそるパドルアウトしたのはWANちゃん。

「こんなにおもしろいとは、なんでもやってみないとわかりませんね」

と言いながら、

ロングボーディングの殿堂サンオノフレで、

ゆるやかな滑走を楽しんでいました。

波待ちまでものんびりで、

波に乗っても立ち上がらなかったり、

それは幸せで、ごゆるりな時間だった。

小波の日は、

一日海の上でのんびりゆらゆらしているのもいいですね。

カリフォルニアでのヒトコマでした。

現在NAKISURFでは、

CANVASロングボードキャンペーン中です。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/25099

かなりお得なので、

よろしければこの機会にぜひ!