新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

コールとサンオノフレでボードミーティング_インスタグラム_(1401文字)

こんにちは、

少し遅い投稿となってしまいました。

D先輩から

「波いいぞ、東うねりだからさ、

あのよ、シークレットで掘れた波を当てたぜ」

とこの画像が送られてきたが、

きっとこの波と先輩の乗った波は何も関連性がないと思う。

それにしてもすばらしい写真です。

イナリーズ並に掘れている。

さて、今日はコールとボードミーティングしてきました。

サンオノフレのロングボードブレイクで、

つまり弱い波で、

お互いのボードの滑りを確認しようというのが本日の主旨。

コールは7フィート台のミッドレングス。

1970年代かと思わせておいて、

クアッドフィンを極めたコールスパイスが添えられていた。

今日の弱い波に俺が選んだのがプレイングマンティス。

ツインスタビを装着して、俺流の完全版としてみた。

レイシオフィンのフレックス性を確認するコール。

さすが見るところが違います。

俺たちが沖に出た瞬間に太陽が顔を出し、

「これではまるでステージのオープニングみたいだな」

とはコール。

さて、ここでサーフした人ならおわかりだが、

本当に弱い波で、

ロングでないとテイクオフしづらいのが特徴であり、

それが魅力なのがサンオノフレ。

ロングボードの聖地ですものね。

その高名なソフトブレイクにて、

ミッドレングスでも少し遅れ気味でテイクオフするコール。

プレイングマンティス独自のエントリーエリアを活かし、

泡より前に出てテイクオフできるのがうれしい。

これができると、

波のフェイスでスケーティングがすぐにできるので、

波乗りがより楽しくなる。

コールのトップアクション。

291

ソフト波なので、

カットバック好きの俺はレイルターンをして、

斜面を滑走するのを引き延ばしてみた。

切り立たない、

ほぼうねりの状態でもこうしてカットバックできるのが、

プレイングマンティスの強みである。

コールのハングファイブ。

これでおわかりの通り、

ノーズにはほとんど体重をかけないのですね。

水温がまた夏に逆戻りしたのです。

夏のいでたちでサーフできるのは今週が最後かもです。

 

さらば2012年。

暑かった夏よ、

あの波よ、そしてあのグライドを俺は忘れない。

来年の夏が俺にやって来るなら今年を越えたい。

映画を見てきました。

「ホテル・トランシルヴァニア」。

邦題『モンスター・ホテル』だが、

俺的には「時間があまっていればいかがですか?」

という評価で、通信簿でいうところの2でしょうか。

今日から封切りとなるティム・バートンの

『フランケンウィニー』(Frankenweenie)が楽しみであります。

早く行けたらいいなあ。

期待度「5」です。

サーフ・プリスクプリションズ主宰、

そしてオンリーシェイパーであるドッキーのインスタグラムが、

じつによくアップされているので感服する。

これはインスタグラムを楽しんでいるからに他ならず、

俺も見習わなければいけないと感じた。

スピンアートの美しさもピークを迎えている。

おなじみベストセラーNDRと、自信作Fマネー。

小波用というか、海のスケートボード

”Chip SK8”

まだ乗っていないが、小波用にスクエアテイルというのは、

すばらしいアイディアだと思う。

インスタグラムがまだの方はぜひ!

http://instagram.com/

ちなみに俺のユーザー名は nakisurf です。

すばらしい土曜日に!