新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

お正月もそろそろ_古代犬種サルーキさま_波乗りの基本的表現_年越し風景少し_(1378文字)

こんにちは、

三が日も今日で終わりですね。

お正月がだんだんと薄れてきて悲しくなってきました。

宿泊先のワンちゃん家で見つけた勇人さんの表紙。

AVISO BD3でした。

このデザインとスペックは、

きっと10年先、

もしかしたら50年先までも

マジックボードであろう、

未来的なるパーフェクトデザインなのだと感じております。

究極というのはこういうものなのでしょうね。

約7000年前の古代犬種サルーキさまを連れて来られたOさん。

めちゃくちゃ早そうな体格に感動。

こちらも究極。

COLEプレイングマンティスと杉本さん。

スタッフブログでご覧になったとは思いますが、

船木流のデッキパッド貼りを実行してみました。

AVISOグラスホッパー使いの杉本さんは、

速度命で、

それはハイスピードな波乗りを展開していました。

じつのところ俺もそうで、

ターンせずにハイスピードトリムだけで、

突っ走る波乗りが究極なのかと感じております。

Dセンパイが、

「昨日のブログだけどさ、なんで俺が出ていないんだよ」

と指摘されたので、ここに掲載しておきます。

別段他意はなく、

ただセンパイを載せるのを忘れただけなのです。

センパイのボトムターン。

沖にいる俺は、「何かセンパイがするだろう」

と想像して、ニコニコ顔となっていた。

最近センパイがはまっているのが、

このグラブエア。

「離陸角度がむずかしいな」

と言いつつも、

53歳にして新しい技に挑むその姿勢には、

いつも見習うところが多いです。

弊社ヤスの安全策ロールイン。

波先にボードを当てずに、

少し波の裏側にヒットさせるのがコツです。

減速しながらトップから降りていけるので、

成功率が高いのがその特徴。

OMF大谷さんのミニノーズライダーによるボトムターン。

大谷さんは、

本当にレベルの高い波乗りでした。

波乗りの基本的表現は、

トップターンとボトムターンの組み合わせだということを再確認させられました。

海なし県(群馬)に住まわれて、

そのハンデを全く感じさせないターンでした。

ツナくんのトップターン。

少しショルダー側に出過ぎているので、

もう少し切り立った壁で切り返すといいですよ、

とお伝えすると、

「そうなんですか、知らなかったです」

というびっくりしていました。

波の切り立ち方で、

アプローチやマニューバーが大きく変わります。

弊社メディア部じゅんの波乗り。

彼はメディア部というだけあって、

カメラの後ろにいることが多く、

そこまで多くの写真がないので、

彼をしっかりと撮ってみました。

彼の人生を支えてきた波乗り。

そんな熱と、

ヨロコビを滑走に表現していて、

見ていてとても力になりました。

すばらしいです。

少し遅くなりましたが、

年越しはわんちゃん家で、

Dセンパイ、ツナくん、

弊社オーニシとで祝いました。

http://blog.nakisurf.com/naki/archives/29158

カズノコ事件があった去年にくらべて、

DDGセンパイがいるだけで、

料理の質が違い、

それはすばらしい年越し&新年を迎えることができました。

KK対決も見ました。

桑田さんの投球に感動。

十分現役でいけますね。

レインボールに感動。

上総一ノ宮駅は、めちゃくちゃ寒いです。

お仕事のはじまりはいつですか?

NAKISURFは、

今日も変わらず営業しております。

それではまた明日!