新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

“NAKI BRANDNEW ARTWORKS 2017″無事終了しました!_奄美のSeeaベイブたち_(1377文字)

こんにちは、まだ梅雨空ですね。

こちら湘南はまだ雨は降ってはいません。

さて、ビームス・ジャパンさん4F

トーキョーカルチャート特設コーナーで開催させていただいておりました

POP UP個展“NAKI BRANDNEW ARTWORKS 2017″

が昨日会期終了しました。

足をお運びになってくださったみなさま、

そしてお手伝いいただいた方々、

関係者のみなさん、ありがとうございました!

こちら今回、

ハンドアートを私のレジンアートに施してくれた三上道(みち)さん。

@Animo07

すてきなコラボレーションをありがとう〜!

そして打ち上げは、

行きたかったビールレストランへ。

サンプルビールもおいしかった。

ソーセージもおいしかった。

けれど、たった10%程度の入りなのに、

(プレミアムフライデー滑ってます)

時間制だとラストオーダーを取りにきた。

簡単に言うと「時間が来ましたので退店してください」

そんなことが残念でならなかった。

つまり、無人温泉のタトゥー禁止とか、

無人膝波のノーリーシュ禁止とか、

そんなこと。

規則は規則なんだろうけど、

それは満席になった際に他のゲストを入れたいときの措置なんだから、

そういうことのマニュアルですよとサーバーに伝えた方がいい。

まるで約束だからと、

大雨の日に植木に水あげしているような感覚だろうか。

【特大号】奄美後半まとめ_サーフィンを始めて2本目で完全なるテイクオフ!_Green Hillは最高よ〜!_SURFマガジンにMucho Alohaビールね_(3474文字)

【奄美大島Seeaトリップの積み残し】

フォルダー内に使わなかった写真があったので、

ここに共有しますね。

天真爛漫のマケイラは、

伝統的な藍染め職人ことちゃんに習いながら、

見事なスカーフを手に入れた。

彼女たちが藍染め体験にこれほど喜ぶとは思わなかった。

日本の伝統を知りたいのは、日本人以上だと気づいた。

特にアマンダは、

洋服へのプロセスを気にしているので、

こういう自然回帰のすばらしさを力悦していた。

こちら織り終えた後のルーキ。

大島紬の体験は、大島紬村が最高です。

http://www.tumugi.co.jp/

グリーンヒルから徒歩10分。

そしてグリーンヒルの新館1Fに名店グリーンヒルサーフ&カフェがあり、

そこでクレアがお手伝いしている。

彼女は緑くんの姪。

牧野大智くんの妹の海が大好きな島美人。

バナナチーズケーキとか、

カボチャのクリームブリュレも絶品。

ちなみにミントはおじいちゃん=緑くんのお父さんが、

農園で育てたものなんです。

もの静かなメレ。

彼女もまた島のすばらしさを知り、

「来年も来るわ」

そう言ってサンディエゴに帰っていった。

キャッチサーフの8フィートログにワックスをかけるのは、

奄美王子こと緑くん。

「奄美は最高よ〜」が口癖の島きってのウオーターマン。

「このビールも最高よ〜」

そう言って私の大好きなムーチョ・アロハ・ビールをグビーっとしていた。

空港でルーキが着ていたのは剣道着。

「フジサワで古着を買ったの。何て書いてあるか教えて」

そういうので見てみると,

なんと「細目」という刺繍があり、

これは「SLIM」とか、「SKINNY」という意味で、

しかもこれは割と珍しい名前だと伝えて、

ルーキはご覧にように細めなので、

その偶然にみんなで大笑いしたときの一コマ。

それではそれでは今日もすばらしい日にしてくださいね。

湘南はオンショアで少しサーフできそうです。

SURF HAPPY!