新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ハッピーサーフィンを信じる心_(828文字)

Seeaのマケイラ(Makāla)が、

GoProようなものでライディング映像を撮っていた。

上がってきて、

「あれ、カメラは?」

「カメラは持っていないわよ」

「じゃ何をしていたの?」

「あ、あれはウミウシがいたから捕まえて一緒に波に乗ってみたのよ」

「ウミウシ?」

「そう(笑)」

で、撮った写真を見ると、

本当にウミウシが波面にいた!

Makāla on Seea Luki Reversible One Piece – Ebon

.

それを捕まえた彼女もすごいが、

波に乗ったウミウシは、

ウミウシ界では伝説となったのだろう。

ここでサバブームは終焉し、

ウミウシブームとなるかというと、

そんなことはなさそうだ。(笑)

【余談】

私のサバちゃんブームはまだ続いていて、

あまりにもサバちゃんについてディスカスしていたら、

こんな画面が出てきた。

きっと瀧朗のしわざだろう。(笑)

さて、アロハスコット。

人格者で、

「楽しく幸せにサーフする」

そういうことを信条としている。

食生活_NAKISURFプレミアム/ドリームライドTと、サーフィング思想の起源T_(1550文字)

ホワイトレインボーを見た。

人生で三度目で、写真は2回目。

カメラを構えると、

そこにちょうどサーフボードが流れてくるという不思議。

Brian Miller

「サーフィンが育む友情」

こんなことを書くと、

まるでPHP新書のようだが、言葉にするとそうなる。

「サバちゃんのハッピーサーフ案内(小川鯖一郎)」

こんなタイトルまでできた。

Blue誌で出版してくれないかな。

ウミウシもサバも、

ウナギクネクネも総帥もミッドレングス、

フィンレス、キャッチサーフ、

ミラーにアロハスコット、

ライアン・イングル、

はたまたタイラー・ウォーレンまで、

ハッピーサーフに通じる道であり、

幸せになるためには、

高みや心を波に乗ることで感じ、

観じ、信じる道であると思う。

ウナクネ掛け軸をここに。

具体的にルールマナー改正のアイディアはあるので、

それは後日ここでお伝えします。

Happy Surfing!!