新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

2017年秋、海賊岬_(783文字)

Pirates Point, Califorinia

.

11月11日。

超ゾロ目日。

ついに、

冬の大きな273°という西うねりが入り、

念願の、

夢にまで見た海賊岬でサーフすることができた。

海賊岬_ウナクネカードの選出方法_ジョンジョン・フローレンス_(1505文字)

海賊岬フリークの、

ベンチュラセイジとナッキーとで行ってきたのであります。

ゲッティングアウトは、

滑る岩と、鋭いムール貝地獄。

よってミスすると、手と足はズタボロになる。

実際私もみぞおちに岩が激突して、

3分間グゲゲーと、のたうち回ってしまった。

現在、足と手は血だらけである。

海に献血したと思っている。

ようやくパドルアウトすると、テイクオフは激掘れ。

よってサーファーは極端に少ない。

先に見たリンコン岬は駐車場が満車で、

100人以上が入っていて、

次にマッスルショアに行くが、

こちらも十分混んでいた。

で、海賊岬。

こういうのを載せると、

混雑してしまうので止めてほしいと言われるだろうが、

誰も血だらけでサーフしたくはないので、

こう正直に書いておけば、

そんなにひどい目に遭いたくないサーファーも多かろう。

私はうねりの向きにもよるが、

今回は岬から三軒目の小さな家の壁の見え方を目印に波を待った。

3本連続でバレルを得て、

大きなセットは2本乗って、

軽く200mくらいは高速滑走したのであります。

生きている幸せと書くと大げさだが、

実際には人生が変わるほどの喜びを得た。

サンタバーバラ・バーガーというのをいただくと、

Double burgers with Cheese & Avocado on Grilled Sourdough

こんな視界が私に迫ってきた。

このサンドイッチみたいなバーガーと炭酸水で今日の波乗りに乾杯。

こんなポンコツでボロボロなのに、

まだまだスゴ波に乗れる自分に乾杯。

そして海賊岬に乾杯ですね。

良い日であります。

明日も波がありそうです!