新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ユートピアでサーフ強化合宿_ベンチュラ・セイジファミリー到着!_(1601文字)

 

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

J.O.B. Edition

.

巷の話題といえば、パイプラインマスターズ。

キャッチサーフチームのJOBこと、

ジェイミー・オブライエンが、

ワイルドカード枠で出場するという。

同チームとしての祈りと応援を込めて、

昨日から彼のスキッパーフィッシュに乗っている。

波がずっとあるからか、

いつものことなのかはわからないが、

今朝も無人だった。

冷たいオフショアがガンガン吹いていて、

これはこの地方の季節風だという。

寒い。

けれど気温は27度もある。

強風なので体感気温は低い。

しかもハワイのトレードウインドと同角度と、

同じような強さで波壁をあおってくる。

そうなってくると、

海底のリーフもかなり同一なので、

まんまバックドアみたいな波になっている。

例によって、

私と鉄人ミラーとの体力勝負もあって、

今日も9時間半もサーフしたわけだが、

ブレイク周辺は、

最大人数でたった5人というドリームセッションだった。

この波の写真を受けたキャッチサーフチームのカラちゃんこと、

カラニ・ロブによると、

「大荒れのノースショアよりも1000倍イイデス」

そんなうれしいことを言われて、

エヘンと胸を張ったのはここに書くまでもありませんね。(笑)

この黒砂海岸(プラヤ・ネグラ)村は、

商店一軒、教会一軒、

レストラン1軒、そして朝食屋が一軒だけ。

それだけ。

後は馬と、サルと犬と鳥、蚊がたくさんいます。

信じられないが、

まるで昭和20年代の村という風情があるところ。

だが、波とコンディション、

そして水温28度、最高気温35度という真夏気候だったり、

今日のような終日オフショアという響きは、

サーファーにとってユートピア(理想郷)のようであります。

波にもずいぶん慣れてきたので、

小さな自作ミニマルフィンでサーフし、

冒頭の写真を得たわけだが、

小さなフィンでの滑走速度というのは、

この波質になってくると、

倍速に感じるほどワイルド&スリリングでした。

鉄人ミラーは、

メインライトにいたと思えば、

奥のレフトに行ったり、

または私たちが新しく見つけた岬波でやっている。

彼は1日中走っていられるという超人的な体力で知られている。

だが、

これは波乗りだけではなく、機材を持っての往復2km、

サーフして、泳いで写真を撮ってという毎日だから、

「これはミスター・ミヤギの修行以上だ」

(邦題ベストキッド/原題:The Moment of Truth / The Karate Kid)

そんなことを言って笑わすが、

完全にサーフ強化合宿そのものの毎日で、

メンバー全員のぜい肉は、

ついに削ぎ落とされたところだろう。

ナッキーはサーフ歴1年半。

まだダックダイブ(日本だとドルフィンスルー)もきちんとできない。

(スキッパーフィッシュ6’6″だからさらにむずかしい)

けれど、

私たちとこんな波も半ダックダイブ状態で何発も喰らっている。

本人はめげないらしく、

どんなに波を喰らっても必ず沖まで行って、

1本乗ってから戻ってくるので、ミラーが

「サーファーの鑑だ!」と感激していたことをここに。

さてさて、

ベンチュラ・セイジ家族が、

例のカリフォルニアの広域山火事から避難してきました。

「避難民ですが、強化合宿に参加させてください!」

そんな決意があるようで、

早速ライトでお手並み拝見。

Sage Ventura Morimoto

Tyler Warren’s Bonzer Disk 6’5″

.

いきなりやってきて、

このドロップはすばらしい!

さすが四国の河口で育っただけあります。

このタイちゃん印のボンザーディスクについては、

以下のリンクが詳しいです。

ベンチュラ・セイジのボンザー・ディスク6’5″_賢犬なっちゃん_マンライハピネスを獲得したことについて_(2077文字)

魚が続いていたので、

お肉が食べたく、

今日のカサドは、豚肉としました。

野菜と豆、そしてご飯。

VIVA COSTA RICA!!

Pura Vida!!(純粋人生を)