新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

コスタリカからFeliz Navidad!(メリークリスマス!)_(1593文字)

メリークリスマス!

From Costa Rica!!

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

.

ビーチブレイクというか、

千葉一宮のエックスの巨大版の波。

KC Rossi

.

パット・オコーネルではないが、

サーフィンに人生を捧げるKC。

現在中米コスタリカに滞在11年目。

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

.

これは私ではなく、ナッキー。

強化合宿の効果ありありで、

今日乗った8本中3本がこのようなバレル。

しかもバックハンドだというから恐れ入る。

サーフィン歴1年半です。

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

.

サーフィン歴35年目の私は、

バックドア系のバレルに包まれ、

高速滑走を味わった。

沖にいるのは、なんとシャチ(オルカ)。

サメを襲うほどの獰猛な海獣なので、

KCの顔が青ざめていた。

クリスマスだからといって、

ごちそうは波だけとして、

遅いランチはツナ缶にコーヒーメーカーで作った温泉卵。

クリスマスなので、

ピルセンビールを一杯。

メレ・カリキマカ!

じゃなかった“Feliz Navidad(フェリス・ナビダッ)”

メリークリスマス!

ランチ後はKCが、

サンタクルスに行く用事があるというので、

便乗して果物屋に。

最近のマイブームが、このプランティン。

加熱して食べるバナナみたいな野菜。

これが安くておいしいのです。

安くて信じられないほどおいしいのは、

このパイナップル。

1個100円くらいなので、

今回は3個買い求めた。

ジュース屋で、

セロリとビーツ、トマト&ライムジュースを。

ガソリンスタンドでは、

よく冷えた生ココナッツをいただく。

これも100円。

『パーラ・ネグラ(黒真珠)』というバーで、

今日はこれからここが熱狂的なパーティ会場になるという。

魚が食べたくなったので、

今夜はKCたちとマグロナイトとなった。

プンタレナス港からはるばるやってくるクリスチャン。

 

 

鮪が1kg7800コロネスという。

これは、100g160円くらい。

キハダマグロなので、

タタキにしようと決定する。

しばし魚話をし、KCの邸宅に。

私ジマンの焦がしタマネギソースを作成し、

食卓はこんな感じとなった。

タタキと温野菜にかけていただくと、

あまりのおいしさに悶絶したKC。

やはりおいしいものはどこでもおいしく、

さらにはこんな辺境の地でおいしいのは、

狂おしいほどおいしいのだと感じた夜。

冒頭の波は、

KCがこのうねり

3ft @20 Secounds 198°S

というブイ情報から導き出したもので、

ここ(プラヤネグラ)から車で45分くらいの遙かなる南。

その道中の写真を助手席から撮ってみた。

羊の群れが横断するまで待ちましょう。

Pura VIDA!

到着するとこんな波が。

1kmくらいのビーチでサーファーはたったの3人。

例によって猛烈なる陽射しなので、

カメラが溶けないように日除けを流木で建造した。

すると、

この日陰を一番ありがたがったのはこの犬。

こうして完全にバレルインならぬ日陰インを果たしていた。

海上がりは、

KCが持ってきた氷で冷やしたスイカ。

激ウマでしたよ。

サーフウオッシュされたTシャツ。

なので洗濯いらず。

また違う犬が来た。

こんなマヤ族ぽい門があったり、

まるでティム・バートンの映画に出てくるような木々。

映画ビッグフィッシュをなぜか思いだした。

こんな川の道。

ひたすらデコボコ道を4WDで走ります。

すると河が出てきて、

行く手を遮りますが、

KCが一度、ルートと川底の柔らかさをチェックし、

どこなら渡れるのかを研究します。

車通りはもちろん、人影も全くない道であります。

無事に抜けて、

街に戻って、このマートの人たちに

「Feliz Navidad!!」

そんなコスタリカでのクリスマスイブでした。

KCありがとう〜!

【NAKISURFからのお得なお知らせです】

12/24〜12/25 NAKISURF店頭限定『クリスマス特別企画』開催です!!!