新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

うねり角度200度のシンジツ_(1232文字)

Fourdoors, San Onofre

1ft at 14s SSW (200°)

.

200度という南南西うねり、

1フィートのうねりの高さ、

そして「うねりとうねりの間隔」が、

平均14秒間と上の数字と記号で伝えている。

とすると、

この200度と、そんな素性のうねりがあれば、

フォードアーズとオールドマンズ、

そしてローワートレッスルズが、

オーバーヘッドのサイズになると確認できた。

(しかも5〜8本ほど入ってくるセット)

ちなみにリンコン岬はフラット、

マリブは腰からたまに胸サイズ(南うねり)

ハンティントン等は膝腰

ソルトクリークは膝

サンクレメンテのTストリートも膝なので、

この200度というのは、

フォードアーズが大好きな人にとっては、

空腹時にとっても大好きなメニューが出された感覚と似ている、

そう思っていたこの5日間。

うねり2日目だけは、

「初もの」を待ち構えていたフォードアーズマニアたちで賑わったが、

それからはガラ空きとなり、

昨日は金曜日だったが、曇天ということもあり、

サーファーはたった4〜5人ほどになってしまった。

ただ、波の高さはオーバーヘッドあっても、

きっと膝くらいのうねりなので、

希釈しすぎたジュースのように薄い味、

つまり波の押しが極限まで小さかったので、

こうしてキャッチサーフの8フィートや、

できる限り浮力があるボードが楽しいということに気づいた2018年の春

Catch Surf Odysea Log 8′

.

サンオノフレは

「カリフォルニアのワイキキです」

そう喧伝(けんでん)されているが、

このくらい波の高さがあって、

浮力のあるボードだとやたら速度が出るので、

ターンも大波のときのようなGを感じながら、

「ドリャアアアァァ」っと、

猛烈な感じになるのもハワイぽい。

サンオノフレは乗り方によっては、

ワイキキだったり、

ラニアケアみたいになるのがじつに楽しい。

これはサンクレメンテのダウンタウンでの1コマ。

最近やたらと見かけるテスラ・モデルX。

シートセッティングもオーダーできるので、

乗員2名とすれば、

後方は荷台として使うことができる他、

最大乗員が7人という多彩さと、

完全自動運転対応、史上最も安全なSUV、

医療用のHEPAフィルターが車内を清潔に保つという、

新しいコンセプトの電気自動車。

こうなったらテスラ社には、

真四角のキャンパーバンを発売していただきたい。

例えばソーラーパネルが屋根全面にあったり、

通常の電化製品はその電力でまかなえる、

もしかして余れば走行もでき、

サーフボードラックを柔らかい素材で、

屋根部には仮眠できる棚があり、

空調等いろいろなことができそうです。

これはブラ師匠(ブライアン・ベント)号で、

タイラー・ウォーレン謹製のピザボードがありまして、

その詳しくは下のリンクをクリックしてください。

ということで、

今日の土曜日ポストはここまで。

Have a great Saturday!!

Happy Surfing!

1875億円が当たったら?_ブライアン・ミラー_シェーンのピザボードは健康志向?_昨日のミドルス動画_(2228文字)