新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

四国のすばらしさ_湘南逗子到着!_(2178文字)

 

四国巡礼を終え、

京都でいろいろの報告を終えた。

北上しているあいだ、

運転中に考えていたのは波のことが多かった。

優波はもちろんのこと、

友人たち、

知り合ったCoolなグレイトサーファーたち、

パワフルな土地、

透明すぎる川、

空海たちによる思想、

アニミズム、

そして食べもの。

森本果樹園

〒781-2135 高知県吾川郡いの町

日本の夏はここまですばらしかったのかと、

波乗りに打ち込めた夏。

夢にも見ることができなかった波は、

やはり想像を絶していた。

今年はなんでも100年ぶりという大雨で、

地形が決まりまくっていて、

さらには台風由来によって波が続き、

それはおよそ4週間にも渡った。

自身もなんとか健康で、

作文もたくさんできた。

その内容リストは一昨日書いたので割愛するが、

かなりの量となったのがうれしい。

(巻末リンク*1を参照ください)

今では考えられないが、

毎日睡眠4時間だけで、

フルチャージで動いていられた。

なぜだろうかと考えてみると、

やはりそれは自然からの波動というか、

パワーを受けていたのだと感じられた。

ありがとう。

ありがとう四国。

ありがとう、お世話になった人たち。

USA, Kochi, Japan

宇佐、城ガ鼻。

そんなことをリフレインさせながら、

そして思い出しながらやってきたのは、

逗子のサーファーズ岬。

トリップメーターを見ると、

出発地からちょうど888kmとあり、

八十八箇所の不思議が伝搬したようでうれしくなった。

友人が鎌倉に引っ越して、

そこに泊まらせていただけるというので、

美酒を飲み、起きるとこんな視界だった。

妙本寺。

ここに上っていくと二天門があり、

そこにも龍がいた。

青龍寺、圓光寺から続く龍の道であり、

それはまたウナギクネクネを、

正式なるドラゴンクネクネへの

転換を迫られているのかと強く感じた。

サーファーにとって前評判が高かった台風21号。

どんな前評判かと言いますと、

「大きすぎるかも」
「南西うねりを待つ湘南としては、三十年ぶりの完璧さ」

そんなゾクリとするものがあったが、

しんほんまち整骨院の院長のみが知る事実だが、

じつは満身創痍の体である。

(巻末のリンク*2をご参照ください)

膝が曲げられないので、

階段を昇ることは出来るのだが、

降りることもままならず、

運転するのがやっとのヨレヨレ。

けれど、三十年ぶりならばと、

全ての力を振り絞ってやってきてみると、

波は腰程度しかないのであった。

「前線ブロックかな」

「うねりが東過ぎるのでは」

識者たちは信じられない波サイズを見てそう言う。

けれど、天気図はこうですよ。

最大風速70mを記録しているカテゴリー5の台風を示すのだが、

実際はオフショア、腰程度で、

台風とはまるっきりご縁がなさそうな波だった。

今朝、

4時にきんちゃんから電話があり、

そして6時からニックちゃん。

そんな波情報をいただき、

宿泊地から2km程度にある逗子のサーファーズ岬でサーフすると、

噂通り波が上がってきて、

頭くらいのセットが入ってきた。

オーバーヘッドくらいになってきたので、

狂喜しようかと思ったら、

うねりと同時に南風が届いて終了。

つまりオンショアになってしまいました。

ご一緒にサーフさせていただいたウナクネ尊師、

横山泰介さんがいらして、

彼はサーファーズのメンバーハウスで、

これからやってくるであろう猛風への備えをされていたのであった。

しかも、ご自分のラックではなく、

「大切なボードがここに置いてあるのだろうから」

そんなご慈悲心からのことからの行動に感激してしまった。

やはり尊師であります。

西湘のトニー・スタークとされるニックちゃんもいらしていて、

「あのさ、俺はさ、キンちゃんを唯一ディスれる男だからさ」

「どうしたのですか?」

「なんかキンちゃんって、

前乗りしたのをシェアライドって言ってすげ替えるのはひでえよ、って思ってさ」

「そうなんですか。てっきりシェアライドだと思っていました」

「普通はシェアというと双方向じゃん、

でもキンちゃんが後ろにいるとヘイとか言うんだよ。

こっちには乗らしてくれないんだよ」

「それはないですね」

「だから、こうしてお前に言って、

全国にもそう思っている輩に伝えて欲しいという心の叫びなんだよ。わかる?」

「とってもよくわかります」

そうあって、

鵠沼海岸駅前にあるショア整骨院に行き、

院長のナオキくんに高知で体感した

「しんほんまち針灸整骨院」のすばらしさを伝えつつ、

自分の曲がらなくなってしまった膝と、

ヒビが入った肋骨と、

さらには万年寝違えのような首に電気ショックと、

ハンドパワーを与えていただいたのでありました。

途中そうてつローゼンの前で佃くんと偶然再会し、

お互いの元気を喜び合いました。

藤沢でこれからいくつかのウナクネ打ち合わせがあるが、

台風でなんとかなるのかな?

三蔵タキローは来るのかな?

ウナクネ清水さんには会えるのか。

聖式カルちゃんとそしてラカ法王の行方は?

それでは、台風到来です。

どうぞみなさんお気をつけてお過ごしください。

これからどうするかは未定ですが、

私はきっと大丈夫デス。

Happy Surfing!!

【巻末リンク*1:宇佐での執筆リスト】

宇佐の龍で得たもの_土佐の友人たちにありがとう!_(1872文字)

【巻末リンク*2:しんほんまち針灸整骨院について】

名門クリステンセン家の、エリックと竜にまつわる話_(1205文字)