新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【特大号】湘南_東京_千葉でサーフ_生ラカ太郎と二郎!!_(2321文字)

2018年、平成最後の12月です。

今年も後わずかですね。

今年もカレンダーが二種完成しています。

しかも自慢の機能を18も搭載、

いや掲載されているハッピーサーフカレンダーをぜひ!

【お知らせ】NAKIPHOTOカレンダー2019年版ハッピーサーフ、壁掛け版&卓上版の詳細_(2880文字)

さてさて、

ミラーと一緒に来た日本。

まともにブログを書いていたら一万字ほどになってしまう。

横山泰介さんの70歳をお祝いする会がサーファーズ岬であり、

それから美しいサーファーズリーフでサーフし、

ヘア・カリフォルニアへ向かった。

そこにはヘア・カリフォルニア総長であるカルベさんがいて、

私たち(ウナクネ)のあいだでは聖式カルちゃんが、

ミラーに「1950年代の男らしいカット」を施すことになった。

英語が堪能なカルベさんは、

終始ミラーを和ませていた。

じつは私が8ホテルさんへ連載をしている

『フーディガイド』でも

彼の情報がおいしい店を引きよせたりするので、

ここでの話題は黄金に等しい。

一期一会。

カットする瞬間を大切にし、

プレイベートな空間で、

彼とクライアントだけのセッションというのがコンセプト。

内外にファンも多く、

フレッチャー親子の時もそうでありましたが、

予約を取っておいて空港から直行して施術というパターンも多いです。

(巻末注釈リンク*1)

https://8hotel.jp/news/detail.php?id=97

ミラーは

「人生40年生きているけど、最も最高で、
そして偉大なヘアカットだった。噂通りだな」

そうやって今も感激している。

明けて、渋谷のRVCAストアに行き、

識者TSYYと、業界話、

アート世界についていくつかの論を交わした。

すると天才編集者のトロピカル松村さんまでも現れ、

話題は

銀座天龍から始まり、

公平さんのこと、明石大橋にシングルフィン、

法王から青春小説だったり、

さらには夢枕獏さんの魔獣狩りにまで及ぶのでありました。

そのまま今度は千葉までやってくると、

小さいと言われていた波が上がったのか、

私が小さくなったのかはわからないが、

とても良い波が届いていた。

しかも人も少なく、感動的なほど波が良い。

さすがタキビシ情報であります。

「なんだ、かんたんだなシリーズ(巻末注釈リンク*2)」の著者であり、

サーフパフォーマーで知られる二郎くんもやってきてくれました。

ラカ法王39世となる太郎くんも、

そして陸封ラッコとされるチャップも登場です!

Takibishi on

Catch Surf ®ODYSEA x DFW Barry McGee Plank 7’6

.

タキビシは良い波に乗っていて、

みんな大興奮。

Aki kun on

Catch Surf ®ODYSEA Plank 7’

.

ラカ太郎と二郎にはトーちゃんで、

私たちにとってはアキくん。

土佐高知でも知られたグッドサーファー。

ショアブレイクが危険なので、

ラカ太郎とパドルアウトする。

『ロケットブースター』

というサービスを将来の法王に施した瞬間。

Brian Miller on

EC Surfboards Mini Pelican 7’2″

.

ミラーはこの波のパワーに

「おい、すごくパワフルな波質だな」

そんな感想で、

Raca Taro XXXVllll, 2018 December

Catch Surf ®ODYSEA Skipper Fish 6’0″

.

ラカ太郎こと、

八年後の法王は、

私の施し(ロケットブースター)などなくとも、

見事にキャッチサーフの6フィートモデルで波を滑った。

Tyler Warren’s Big Dream Fish 6’7″

.

私はタイラーのビッグドリームフィッシュで、

美しい斜面を滑る感覚は何ものにも代え難い。

ラカ太郎と二郎の期待に応えてサバ手でスピードアップ。

ちなみに二郎は、ショアブレイクが危険だから見学です。

これがその噂のショアブレイク。

タキビシことスーパータキビシヤスくんが模範滑走。

元々彼はフィンレスマニアなので、

ルース性が高いハチェットフィン仕様で、

真のクネクネを表現していた。

セットのものすごいショアブレイク。

海底は岩盤なので、

下手をすると大怪我をしてしまう。

さすがであります。

ミラーは持参したエリック・クリステンソンのミニ・ペリカン7’2″で、

それは完璧なダウンザラインを魅せた。

サンオノフレから日本にやってきて、

千葉でサーフしたかけがえのない日。

Nacky on

Catch Surf ®ODYSEA X JOB Skipper Fish 6’6″

.

ナッキーもかなり良い波に乗って、

「すっげぇ〜」二郎大興奮。

Catch Surf ®ODYSEA X JOB Skipper Fish 6’6″

.

私もキャッチサーフに乗り換えて、

噂のショアブレイクに挑みました。

奇妙な波ですね。

上がってきたらすぐに駆け寄ってくる二郎とチャップ。

とってもかわいい。

さらにはいつも何度でもケイスケ家族も来て、

(巻末注釈リンク*3)

ラカ太郎親子は、

サバ手でヨロコビを表現した瞬間がここに焼き付いている。

【巻末注釈リンク*1:成田空港から直接行く場所とは?】

UNK-X IIそろそろ完成です!_ハービー・フレッチャーと私たちの今夜と明日からの予定_(2060文字)

【巻末注釈リンク*2:二郎くん】

VLOG【動画ブログ】『二郎のサーフ日記3』夏休み最後の日編

【巻末注釈リンク*3:ケイスケについて】

いつも何度でも_歌詞の意味を読み解いてみた朝_”Let’s draw out dreams always”_新しく人生をはじめて、いつも何度でも夢を見よう_(4444文字)

Happy Surfing!!