新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

夏日の奄美大島は最高よ〜!_(1098文字)

Amami Oshima, Japan

2018 December

.

昨日は暑い日で、

温度計を見ると、午前11時で28度もあった。

青い海。

水温はハワイと全く同様だから、

25度程度だろう。

なので、

ウエットスーツはあまり必要としない海。

ミラーが驚いて、

世界中探してもこんなに美しい海はないぞ。

そう断言していた。

ただ漂流ゴミが多いのが悲しいと、

私たちが感じる感覚と同様なものも持っていた。

サーファーたちのあいだでは、

「サーフ後、空いている手でゴミを持ち帰りましょう」

とやっているけど、

それでは間に合わないほどゴミだらけなので、

スーパーの袋を持っていって拾えるだけ拾っている。

例えば、そんなことをここに来るサーファー全員がやって、

さらにはビーチクリーンなどを懸命に定期的に行う。

そうすれば、本来の奄美大島ビーチを取り戻せると思う。

それがうまくいかなければ観光税というか、

ビーチクリーン税を取って、

それを日々のビーチクリーンに充てるしかないだろう。

毎日やるのが大切なほど、各国から漂流してきます。

暑かった夕方。

風が北風に変わり、ヒンヤリしてきた。

手広メインピークに行くと、

すばらしいセッションが繰り広げられていた。

大智くんのオフザトップ。

写真にはないが、

フロントサイドで5mのローテートエアまでメイクし、

「あの子は陸であんなにもおとなしいのに、

海での表現が爆発的だ!ファンになった!!」

そうやってミラーを感動させていた。

昔は奄美王子と呼ばれ、

または奄美の総理大臣とされた緑くん。

外国人のあいだでは、

グリーンだったり、

グリーン・グッドマンと呼ばれているが、

彼もまたこの癖波をリーシュなどなかった石器時代から知る一人であります。

「奄美は最高よ〜」とつぶやいていた。

この波は基本左からのうねりと、

右からのうねりが交差して、

さらには海底から吹き上げてくる水の、

3Dウエッジ波

なのであります。

他に3Dウエッジ波は、

ノースハワイのホワイトハウスにあるが、

奄美版の方がダントツに強烈。

緑くんや大智たちがみんなライト(レギュラー)に行くので、

ほぼバックサイドオンリーで滑った日没時。

上がってくると、

クルクルのヒロくんと一緒に記念撮影。

乗っているのは、

タイラー・ウォーレンのビッグドリームフィッシュ6’7″。

それでこの奄美波を滑るのを目撃してくれたミラーが、

これこそが真性マジックボードだと認定してくれた。

ありがたい。

ミラーにも
タイラーにも
そして奄美大島にもありがとう。

すばらしい日が終わろうとしている。

奄美は最高よ〜!

Happy Surfing!!