新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【GW記念号】土佐清水のハイビスカスビーチ_Late Take Off_(1016文字)

Happy Children’s Day!!

.

Catch Surf Logo on the Beach

.

Yuto and Father at the Hibiscus Beach

.

聖式カルちゃんの友人の、

Chicoちゃんたちとハイビスカスビーチでお会いした。

こんな1000kmも離れた場所で、

なんという偶然だろうかと感じた瞬間。

GW中に鍛錬するツナくん。

今日も腕立て1000回をこなしていた。

足摺岬に行くと、

中浜ジョン万次郎がいた。

足摺岬は彼の生誕地であるそうで、

なるほど室戸岬と同じで妖気というか、

気が充ち満ちていた。

高知市からはるばるやってきたハイカラ・マコトくん。

彼もウナクネ式を愛し、

サバ手を今に伝える人であります。

ハイビスカス・ビーチの由来となったハイビスカス食堂。

そのハイビスカスパレスに住むモリヤン。

ベンチュラセイジの実兄である。

駒(こま)は穏やかな犬相をしていて、

いつ見ても笑顔に見える。

ありがたい。

ツナくんと江美ちゃんのハグ。

ハグに慣れていないツナくんが、

思わず体を引いてしまった画。

柔術のようです。

平野サーフィンビーチに行き、

マナブくんの朋輩うどん再び。

伝説の釜玉うどん。

切り端の「アタリ」も入っていた。

マナブくんのビーチハウスでは、

クルミちゃんのハリッサも展開されていて、

そんなことにも感動させられた平野ビーチでありました。

マナブくんファミリーにジェイくんたち、

修さん、岡本さんたちにもお会いできました。

須崎の道の駅に行き、

試食の結果、

一番おいしかったシューラスクがこれ。

ここはしんじょう君のアンテナショップであるらしく、

グッズが大展開されていた。

いた!

ほっぺたがたまりません。

さらなるしんじょう君ファンになりました。

【GWテクニック編】

今回は、

レイトテイクオフを説明します。

普段はこの位置からテイクオフしない。

だけど、

この波はヤスくんが譲ってくれたので、

危険ではない限り、

どんなことになっても止めてはいけない。

これがマナー。

ほぼノーパドルでテイクオフを敢行したが、

リップが背中に落ちてきた。

仕方がないので、

そのままテイクオフを敢行。

姿勢だけは崩さず、

「低く低く」

そんな意識で体を固める。

リップ(波先)と一緒に降りる。

落下、

そして着水。

テイル加重して、

「跳ね」を体感し、

そして前に落とす。

Tyler Warren Big Dream Fish 6’7″

.

Happy Surfing!!