新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【かなり特大号】ツアー開始記念のキャッチサーフの歴史_(3339文字)

Blair Conklin on Catch Surf ODYSEA Stump 5’0″

.

「スポンジボード」

世間ではそう一括されるけど、

キャッチサーフだけは特別だろう。

私はキャッチサーフの開発から関わってきた一人だ。

『モーリー・ブギー』という商品名で、

ブギーボードを誕生させたトム・モーリー。

そしてジョージ・アルゼンテは、

彼は南カリフォルニアのラグナ・ビーチ出身。

サン・クレメンテの隣がダナ・ポイント、

その隣にある海沿いのそれはおしゃれな街である。

ラグナ・ビーチは、ボルコムが誕生し、

1980年代に一世を風靡したガッチャとMCDのマイケル・トムソンもここ。

ショーン・ステューシーもそうであるし、

古いところではワールド・ジャングルなんていうのもあった。

ジョージは大学卒業を機にニューヨークに行き、

起業家として名を知られ始めた。

第一子が誕生することとなり、

「子どもたちに誇れるものを創りたい」

そんな決意でラグナ・ビーチに戻ってきて、

前出したブギーボードを誕生させたトム・モーリーと手を組み、

サン・クレメンテでキャッチサーフを主宰し、

「子どもからプロまでが乗れるサーフボード」

そして、

「海水浴場公認サーフボード」

の製作を開始した。

ちなみにアメリカの海水浴場では、

5月最終週くらいから9月中旬まで、

朝9時から6時まではブラックボウルとなり、

ハードボード厳禁となる。

ソフトボードでも長かったり、

フィンが付いているとNG。

およその基準は、

全長55インチ(約140cm)以下、フィンレス。

そんなことで開発が進められていった。

第1号が完成して、

ノースハワイに住む私の元にフェデックスからサーフボードボックスが届いた。

差出人はキャッチサーフとあった。

すぐに電話すると、

ジョージが出て、

「これが私たちの答えです。これからのサーフボードのアポロ1号です」

そんなことになった。

その箱の中には、

Yクアッドとオディシーの原型と、ビーターの原型が入っていた。

早速ソフトサンドや闘牛岬辺りで乗ってみると、

「乗れる。けど、そこまでではない。

性能よりも安全性を求める子どもや初心者には最適」

という代物だった。

それから10数年あまりも毎年改良を続け、

スキッパーフィッシュ、

プランクシリーズが誕生した。

これは、

3ストリンガーを効率的に内封することによって、

剛性、つまり操作性が倍増して、

「最高に乗れるもの」となった。

同時にカラニ・ロブがハワイからサン・クレメンテに引っ越してきた。

彼が突然キャッチサーフ本社にやってきて、

「真剣一辺倒のサーフ業界の未来が危険だ」

「楽しいサーフィンをキャッチサーフで伝えたい」

そんなことになった。

同時期はJOBこと、

ジェイミー・オブライエンがキャッチサーフを購入して使用していて、

彼もまたカラニと同じ意見で、

「競技一辺倒のサーフィン世界にしたくない」

そんな想いが実を結び、今に至っている。

JOBはスーパー・サイヤ人、

またはアストロ超人(©アストロ球団)系の人間だか、

その中間かそんなサーファーだ。

彼が極限の波で遊び、

それを閲覧者やスポンサーが支えることで、

毎年、数億円も稼ぎ出しているという。

ケリーたちも数億円稼ぎ出すが、

JOBの場合は勝敗なしに好きな場所で、

好きな時に、

そして仲間たちと海遊びというところが大きな違いだろう。

冒頭画像のブレア・コンクリンは、

スキム・ボード界の新生というか、

英雄で、

そんな彼がサーフボードとスキムという二刀流でスタブ・マガジン等が掲げる

『ハードコアなオルタナティブ」に挑んでいる。

さらにCTベテランのタジ・バロウ、

CTジュリアン・ウイルソン、

ハリー・ブライアント、

キャッチサーフで巨大波にチャージするマーク・マシューズ。

マウイの女王シエラ・ラーバック、

モデル&スキムボードの3刀流のタイラー・スタナランド、

ジョニー・レッドモンドたち。

いまだに信じられないけど、

DFW(ハッピー・ライフスタイル)を掲げ、

コンテンポラリーと、

ストリートアート(グラフィティ)の巨星バリー・マッギーが参加してくれたことが驚きだった。

バリーもカラニやJOBと同じ思想で、

「永年サーフィンが楽しくできるように」

そんな想いを語ってくれた。

日本では、

金尾レオくんやアトランティック・コーヒーのヨッシー。

瀧朗摂政にラカ法王、

タキビシ、ラカ太郎、二郎くん、

ツナくん、市原マーちゃん、

バリ山崎さん、河合会長、しょう寅杉本さん、

サーファーズ岬の岡本さん、高知ヤスくん、

スターバックマコトくん、

タローマンに聖式カルちゃん、

ショア整骨院のナオキくんたちが参加してくれている。

彼ら全てがキャッチサーフ世界、

つまり「楽しむサーフィン」を表現している。

そんな最高の人たちによるキャッチサーフ・ツアーが世界各地で始まります。

「日本にも来てね」

そんな感じで招聘をかけていますので、

もし来ることになったらどうぞよろしくお願いします。

私自慢のスキッパーフィッシュ・6フィート。

トライのフィンプラグ。

これはツイン+スタビという効果を試したく、

フィンベースが長いものとVEKTORフィンの融合達成となった。

レイル中央がえぐれていますが、

これは奄美大島のバックドアのゴジラ岩で付いたもので、

普通のサーフボードだと、

中央にある大キズということでとっくの昔に折れているのでしょうが、

壊れてからもほぼ毎日、

三ヶ月も全く問題なく使用しています。

(これにはみんな驚きます。旅ボードの最高峰)

(修理もできます)

汎用性高く、

信頼も置け、

美しく、

誠実で、

楽しいサーフボードで乗るブルードラゴン波。

奄美バックドア↓

【特大号:サーフィン研究所結実報告】波乗道を燃やすバックドアで、天才テッタとのセッション_(3285文字)

バックドアのときもそうだったが、

私のサーフ人生での結実でもある。

ここは、

ハワイアンのカービー・フクナガも驚いたほどの激烈ショアブレイクだが、

この圧力の下に入れてしまってもキャッチサーフは軽く耐える。

キャッチサーフは吸水して重くなる。

これはじつは乗り味には大きな利点(速い、止まらない)であるが、

欠点はサーフ後に水がしみ出てくること。

で、車内派はボードケースに入れることになる。

高知名店『ハイカラ・ミシン』では、

スターバックことマコトくんが、
「7フィート用ですけど、ボードバッグの試作を作りました」

テイル部分を付属の紐でしばるだけで一切水は漏れず、

撥水性の高い材質なので、

裏返して水洗いできるし、

もしほったらかしておいても

殺菌性の高い潮水なのでカビも生えづらいという。

傑作の誉れ高きバッグです。

【日本のキャッチサーフ・キャンペーンが始まりました】

nakisurf #Repost @kiyomoinc

#mycatchsurf

「自慢のキャッチサーフ見せてください」

🌴2019年6月1日より9月30日まで 🌴

いよいよ始まりました!

エントリーはシンプル、

ご自慢のキャッチサーフを使った写真や動画をインスタグラムに投稿するだけです!

🌴厳正なる審査の上、毎月チャンピオンを決定しまして、

表彰とキャッチサーフ2019年最新作をプレゼントいたします!!

9月末日にはグランドチャンピオンを決定、

ここには超級プレゼントをご用意いたします!

卓越なるグラフィックやホットスタンプを施した世界に一本、

あなただけのキャッチサーフ、

JOBにも負けないキャッチサーフを使ったオリジナル技、

お子さまとキャッチサーフの夏の思い出も高得点です。

キャッチサーフ優良販売店様もぜひご参加下さい!

🌴

投稿の仕方ですが、

1.キャッチサーフ日本総代理店 @kiyomoinc のインスタグラムをフォロー

2.#mycatchsurf  のハッシュタグと @kiyomoinc のアカウントをタグ

あなたのご自慢のキャッチサーフの写真や動画を投稿ください!

🌴

選考委員:Naki(私です) @nakisurf

金尾レオ @reokanao

他 マイキャッチサーフ選考委員会

※ 撮影時の事故やトラブルによる問題は一切責任を負いません。

#mycatchsurf #kiyomoinc #catchsurf #softboard

Happy Surfing!!