新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

7歳児の波に乗る原風景を共に_スーパータキビシヤスNAKISURFに降臨号_(1269文字)

Sora Yamazaki on

Catch Surf ODYSEA® X SIERRA PRO 8′

.

山崎さんの息子さん蒼空(そら)くん7歳と、

お兄ちゃんの陸哉(りくや)くん9歳が、

夏休み最後の日に千葉一宮海岸にやってきました。

ふたりはサーフィンがしてみたいというので、

キャッチサーフの8フィートモデルを用意し、

一緒にサーフしてきました。

まず聞きました。

「まずふたりは、水の上に浮くことができるかな?」

「プールで泳いでいるから大丈夫です!」(リクくんとソラくん)

「すごい!けれど海は流れがあるので、

もしかしてどこかに流されたらどうするの?」

「うーん、わからないです」(リクくんとソラくん)

「浮いていればいいよ。

少し経ったら誰かが気づくので、

助けにいくまで浮いていてね」

「わかりました!」(リクくんとソラくん)

まずはボディサーフ。

このように乗ります。

(8秒)

「こうして体を浮かせて乗ってね」

そうやって、

サーフィンの基礎を伝えます。

このボディサーフをおろそかにしてはなりません。

波乗りの基本はこれひとつなんですよ。

さすが、

ふたりは天才かと思えるほど、

ボディサーフで波に乗りまくりました。

JBAに入会する日も近いです。

そしてサーフボードの登場です。

弟のソラくんは、

お兄ちゃんが少し怖じ気づいたのを敏感に感じ取り、

「ボクが最初に乗ります!」

ということになり、

その最初の波を、

お父さんがGoProで撮ったのがこれ。

すごいすごい!

一生の思い出になりました。

そうお父さんが感激する瞬間がここに。

子どもたちとお父さんたちは、

夕方まで波で遊びまくりました。

(18:30追記。YouTubeCMが入る設定を解除しました。

これでストレスなく閲覧いただけます)

夏休みの絵日記もそれぞれ、

こんなことになりまして、

こちらが感動させられる表現に、

とってもうれしくなりました。

ありがとう。

またサーフしようね!

いつのまにか、

9月になっていました。

夏は残りわずかですね。

楽しみましょう!

セス・モニーツのドロップと、

タイラー・ウォーレンのマニューバーの研究に余念がないツナくん。

豊かで優しく、

温かい思想のデパートメントストアとされるスーパータキビシヤスが、

NAKISURFにやってきてくれました。

彼は、

日本龍滑宗(ドラグラ・プロダクションズ)の開祖ラカ法王と共に、

日本サーフィンの大勢が、

今日称されるWSLの競技派から平安へと転換していく

流れの劈頭 (へきとう)に位置し、

真のサーフィンの意味をもたらす人であります。

思想家としても知られ、

ラカ法王と共に龍王のひとりに数えられている。

彼は、

私の四国クイバーに目を入れてくれ、

さらにはキャッチサーフの銘品バリマギ印と、

それに合わせてキャプテンフィン謹製、

アレックス・ノスト7.5″フィンを購入してくれました。

ありがとうございました。

これ、1970年代風で、

じつは私も欲しいのです。(笑)

Happy Surfing!!

+

Happy Lifestyle!!