新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】サーフィンへの感謝_(747文字)

こんにちは、

ちょっとした移動をしていまして、

この前はサンクレメンテにいました。

ここはサンオノフレ・サーフ・カンパニー(SOSC)の倉庫。

スクリーンプリントのスタジオがSOSC初代倉庫にあり、

よく利用していたことを思い出した。

この向かいにはブライアン・ベントのアトリエがあって、

そんな時代のことを思い出した。

(巻末リンクへ)

ちょうどNATIONのボードが何本か仕上がったので、

この倉庫に届けてもらうと、

大の大人が興奮するのを生で見た。

SOSC主宰のジョーイ・ランバートは、

カリフォルニア出身でありながら、

Jベイ(南アフリカ)に通い尽くし、

この道を究めようとしている。

つまり求道を軸としたグレイトサーファーなのであります。

彼らがサーフボードというオモチャに目を輝かせた日でもありました。

そしていつものベンチュラ郡ベンチュラ市にやってきました。

サンクレメンテからおよそ220km。

朝というか未明に出て、

夜明けをここで受けるというのは悪くはない感覚だ。

ここで待ち合わせたベンチュラセイジ。

タイラー・ウォーレンのボードがアクセントとなる。

土佐高知のバレルで鍛えたセットアップ。

コスタリカを思い出した。

カリフォルニア修行が効を奏して、

スタイルマスターへの道への一歩を踏み出したツナくん。

毎週私のサーフ塾に参加してくれるリク。

7フィート・プランク。

ソウル・サーフィン派には絶大なる人気を誇る高貫佑麻くん。

クラシックでいて、

確信的な滑走の瞬間を得た瞬間だろうか。

速度を上げるのは簡単だけど、

落とすのは難しい。

そんなことを動画とし、残してみました。

【巻末リンク:ブライアン・ベント】

本日二度目のブログ(下)_趣味のスクリーンプリント_Seea(シーア)のサーフスワップミート@デウス_アボットキニー通り_クリスチャンの日本語_(2447文字)

Happy Surfing!!