新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【体育の日記念サーフィン研究所】キャッチサーフ倉庫_グラタンに気温4度_ニューポート_ブライアン・ベントとメガ・クアッド効果_ハンバーガー(1403文字)

台風19号で、

被災された方にこころよりお見舞いを申し上げます。

(本日の高知新聞朝刊より)

一刻も早い被災者の救援、

被災地の復興を祈念いたします。

いくつかの断片というか、波の記憶。

こんな良い波の日があった。

Catch Surf ODYSEA® Plank 8′

8″ Single fin

.

私は斜面をいつまでも駆けていった。

岳飛伝(北方謙三)の船頭、

劉剛の心持ちとなったことを思い出した。

先ほど立ち寄っていたのが、

キャッチサーフ本社倉庫。

他に3つあるので、

とんでもない量が世界に流通されているとわかる。

スキップ・フライ・ファミリーというか、

スキップ・フライ・ドーターズ(Daughters)のマリー。

発音はメアリーでいいのかもしれない。

ヘア・カリフォルニア、

ニューポート支店のマーカス・ウエイト。

サーフィンの腕前もスタイリッシュで確かなものであります。

まるで本家ヘア・カリフォルニアのカルちゃんである。

膝の折り方とか、

10フィートを超えるフィッシュというのもすばらしい。

マリーもスタイルがある。

さすがスキップ・フライの仲間であります。

ナッキーのロングボーディング。

こちらはキャッチサーフのミッド・レングス(6’6″)

彼女は、

さまざまな浮力のサーフボードに乗れるようになってきた。

ニューポート・ピアの北側。

ブラッキーズと呼ぶのだけど、

こちらではエル・サバンテと、

グラント・ノーブルがピークを分けていた。

こちらが南側。

私とツナくんがピークを分けた。

こんなサイド・ウエーブ系のライト。

千葉北ジェフリーズとインポッシブルを思い出した。

サバ手パドルの私。

ブライアン・ミラーのZENグライド。

マリーのバックサイド・ダウンザライン。

ツナくんが見ないふりをするのが、

じつに日本人的で、

セッションの華やかさを削いでいたのが印象的だった。

声援を送るだけで全員が楽しくなれるのに。

ファーマーズ・マーケット。

関係ないけど、

突然、

上総一宮駅前の、

水守食堂のワンタン麺がファイルから出てきて、

口内を湿らせました。

ブライアン・ベントがやってきて、

キャッチサーフのメガクアッドに話が及んだ。

この新コンセプトを試したばかりのジョエル。

正確性が増したので、かなり興奮していた。

これもベクター・フィンのハニカムと、

カーボンファイバーの斬れの産物であります。

(巻末リンクを参照ください)

ミラー家ジマンのオーブンで、

豆乳マカロニグラタンを調理したが、

焦げ目が足りなかったので、

バーナーで増し焼きをした。

これは寒い朝。

摂氏4度しかなく、

冬の始まりのようだった。

この外気の中でウエットスーツに着替えるのは、

ちょっとした修行だと感じた朝。

サンオノフレ・サーフ・カンパニーにいくと、

来期の新作ブランケットのサンプルが届いていた。

私のイチオシは黄色で、

サンオノフレ・サーフ・カンパニーのイメージと合うというのが、

その意見の根底だ。

冒頭のキャッチサーフのデモボード。

廉価版のWave Banditがたくさんありました。

おいしいハンバーガーが、

ミラー家の近くにあった。

熟成肉のバーガーとか、

サーモンバーガー、

アンガス・ビーフなどがあるプレミアム系だった。

でも私は、

やはりインアンドアウト・バーガーの軽い系に軍配を上げる。

【巻末リンク:VEKTORフィンについて】

【サーフィン研究所&特大号】VEKTORフィンを前から後ろから_(2682文字)

Happy Surfing!!