新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】タヌ・ビーチ模様_接着の具体例_(1854文字)

あれからタヌ・ビーチに向けて出発し、

いつも立ち寄る道の駅「なぶら土佐佐賀」でお買いもの。

早朝だったので、

食堂は開いていなかったが、

ちょうど椎名誠さんたちが、

ここで食べた記事を読んだ。

「わしらは、

ワシワシと土佐のカツオを食べたのだった」

そんなことをしてみたくなった。

順調に進み、

タヌ・ビーチに到着すると、

ほうばいうどんのマナブくんと、

長男ゼンイチくんがいて、

2020NAKISURFカレンダー(完売ありがとうございます)を渡したのだった。

そして、

ここに来るきっかけとなった

『夜明け前波情報をリークした』

DJ UVCAくんにも会えたのでした!

「(日曜日なので)混んでいて良くないです」

夜明け前からサーフしていた宇賀くんはそう言うが、

目の前の岩場前は無人なので、

そこでサーフすると、

まるでミニチュア・オフザウォールのような硬い波質が迫ってきた。

無人なので、

乗っては戻り、

戻っては乗ってと、

まるでトレーニングのようにサーフした。

たまに来るオバケセットのレフトは、

センターまで乗っていけるほど長く、

センター方面まで行くと、

ハイカラMと仁尾くんがサーフしていた。

Hikara M at the Blue Dragon

with Nakisurf Original Twin fin

.

ハイカラMとは、

ハイカラ・マコトくんの略で、

日本一の長寿アニメ『サザエさん』に出演してからというもの、

(巻末リンク*2をご参照ください)

ラカ法王、

タキビ神、

ジローくんに次ぐ人気となった土佐サーファーでもある。

空腹以上まで波に乗り、

入野のターボーくんのお店に転がり込んだ。

豚モダンを注文し、

ゼンイチくんがトンペイ焼き、

マナブくんがカスと注文された。

ブラッド・ピット似のターボーくんによる、

土佐マヨネーズ演舞。

ターボーくんにも頼まれていたカレンダーを渡し、

これで残りは、

ハイビスカス食堂とポイくん、

中土佐の社長、ピザ屋の人、

炭焼きの人、

カレーの人たち等となった。

これがトンペイ焼き500円。

溶けるチーズがメキシコのケセディーヤのようであり、

卵2個がブレックファースト・ブリトーそのものであるが、

タレがお好み焼きのものなので、

このマルヤさんが名店であると認定されて久しい。

すごいぞ日本のソウルフード。

食後は再びタヌ・ビーチに向かい、

奥側の岩場が無人だったのでそこに行くと、

イトウくんがサーフしていて、

海から上がってきてから、

スーちゃんとイトウくんたちとののタキビで、

マナブくんがキリンラガーをロング缶、

レギュラー缶を取り混ぜてごちそうしてくれ、

さらにスーちゃんが、

スーパードライをたっぷりと持ってきて、

それはすばらしいタキビ宴会となったのだが、

話が長くなりそうなので、

タヌ夜ストーリーはここで終わりとします。

それにしても良くサーフした日だ。

@sanonofresurfco

.

(巻末リンクx2)

一昨日はフィンについて再確認すると、

「ボードやサーファーのスタンスによって、

前方または後方(テイル寄り)と位置をずらせば、

サーフボードは最大限の操作性と性能を求められる」

そう学んだ。

このことを流体力学と書いていいのかわからないけど、

サーフィンとは、

固体であり、液体である。

感動であり、夢である。

こんなテイクオフがメイクできるのは、

大きなフィンがスタンスの真下についているおかげであり、

ボードが波と接着しているからだ。

百聞は一見にしかず。

動画の方がわかりやすいので、

ここに連続写真をアップロードしてみた。

静止画像はこちらである。

要は、

テイクオフの開始直後は、

速度が足りず不安定だけれども、

こうしてフィンを踏んでいくことによって、

サーフボードと、

波の接着ができる。

ただ、

自身の体勢が開かないようにしなくてはならず、

こういうときは必ず

「小さく小さく、低く低く」

そう唱えてテイクオフしている。

フィンを感じたら、

サーフィンはもっとかんたんになる。

しかも大きなフィンの接着に着目しての論である。

良く見ると、

後ろ足がきちんとインサイド(波の中)にあるフィンを踏んでいた。

陸でこの練習をするのは、

床にテープ等で印を付けて、

「毎回同じ場所に立つ」

そんなことを反復でやるといいだろう。

陸トレーニングの季節です。

うるわしき春。

光風動波。

風光りて、波が動く季節となる。

【巻末リンク:フィンについての起】

【サーフィン研究所】フィンのことに気づいた_西山金時と室戸魚事情@キラメッセ_(1999文字)

【巻末リンク:接着。JOBとケリー・スレーター編】

【サーフィン研究所&ドラグラ・プロダクションズ】接着とは?_JOB / KELLY SLATER & JOHN JOHN FLORENCE_ボードプロポーションやスタンスに位置によってフィン位置を決めると最大限の操作性と性能が求められるとわかった編_(1908文字)

【巻末リンク*2:サザエさん編】

【サーフィン研究所特別号】パイプライン・マスターズ22考_NAKISURFカレンダー2020にありがとう!特別出演タラちゃん(サザエさん)_(1693文字)

Happy Surfing!!