新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所&ドラグラ】たくさん書きすぎた_スノー・ムーン_黒潮町からの暗号_クリームと生姜とレキくんと佑麻くん_タイレルに友人たちのプヨプヨ肌_(1350文字)

書いた書いた。

昨日はBLUE誌の巻頭コラムと、

藤沢8ホテルのフーディガイド、

そして、

つなげて長編にする未発表作品を書いていた。

一日で書いた字数を合計すると、

このブログも合わせて2万字を越えた。

原稿用紙50枚となる。

もしこれだけ毎日書くと月産1500枚となる。

長編小説1冊が、

原稿用紙300枚~400枚くらいだと言われているので、

これなら一ヶ月に4冊も長編小説が出せて、

年間48冊となる計算だが、

毎日こんなに書いていたら狂ってしまう。

いや、狂った。

というのは、

月があんなにオレンジであるわけがないからであり、

青いような赤色サンセットと、

スノー・ムーン(Snow Moon)が一緒にやってきた。

月齢15.4。

青龍寺の裏に、

宇佐大橋の向こうの偉容だった。

ブルー誌には何を書いたかと言うと、

スタイル考察であり、

サーフィンの味覚であり、宇宙的なことだ。

黒潮町のマルヤ方面ターボーくんよりこのような連絡が来た。

暗号を解読すると、

詳細なる地形情報があり、

ひとつかなり良いブレイクが、

長い板限定であるという。

鵠沼周辺で同様なことをしている池田潤ちゃんを思い出した瞬間、

朋輩うどんの学くんから乾麺の在庫情報を得た。

そうしつつ、

ターボーくんの大好きなスコッチ・ウイスキーの香りをかぐと、

明日は建国記念日であり、

神武天皇の即位日だと言う。

そうなってくると、

それは、

神日本磐余彦火火出見尊(かむやまといわれびこほほでみのみこと)のことでもあり、

NAKISURF千葉の近所にある玉前神社の奉られている玉依姫が母のことや、

2680年前頃の話となって、

本当に成立しているのかがわからずに、

私はおかしくなっていく。

さて、

おいしいもの研究所。

生乳クリーム45を混ぜる。

豆乳と甘く煮た生姜を少しずつ加える。

ここの所長かつシェフの河合さんが、

氷水を下に入れて、

1分間に45回転の倍くらいの速度でかき回したらこうなった。

グラスに注ぎ、

めでたく冷蔵庫行きとなって、

シャンパンに合わせるデザートの研究発表として今夜に備えている。

とても楽しみだ。

先週スカイアンドシー・ムロトに来てくれたレキくんは、

すでにオーストラリアにいて、

高貫佑麻くんと私の話をしていると言う。

「あれ(JOB小説)読んでね」

そう宣伝しておきました。

「あれ」

をまとめて読まれたい方はこちらです。

ピコピコンと、

メッセージが届いたので画面を開くと、

「瀧朗のドリーム・カー」

だと、

タキビ神が送ってきてくれたのかと思ったら、

タイガースファンのキンちゃんだった。

6輪は知っていたが、

10輪は始めて見た。

そういえばお年玉をはたいて、

6輪タイレル・タミヤのRC1/10を購入した少年でした。

すると、

当時からオルタナティブが好みだったと再確認した。

こちらはドラグラケイスケからのSMSで、

今日はこんなところを滑っているという。

北海道にいるクルミちゃんは、

いま私がとらわれている龍の氷版を送ってきてくれた。

(詳しくは昨日書きました)

この伊豆写真こそが、

父ちゃんのインスタグラムのメイン画像となっている。

次世代の空海とされているジローくんのサバ手グー・ライド。

このプヨプヨ肌を研究したそうで、

自由研究で何かの賞が取れそうです。

では、二郎くんの名作をひとつ。

【海の日特大号】二郎のハッピーサーフィン日記『ワクワクしたシュンカン』_(2359文字)

Happy Surfing!!