新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【海の日特大号】二郎のハッピーサーフィン日記『ワクワクしたシュンカン』_(2359文字)

ぼくは、

「ワクワクするぞ」

くりかえしていました。

それは、

夏休みが近づいてきたのと、

ナキさんといっしょにサーフィンするからでした。

じつは、

夏休みのしゅくだいをもうやってしまいました。

それは、

『自ゆうけんきゅう』です。

二年生で習うかん字が160こあると聞いたので、

それならば、

これをけんきゅうすると、

[国語の先生になれる]

そう考えたからです。

引 羽 雲 園 遠 何 科 夏 家 歌 画 回 会 海 絵 外 角 楽

活 間 丸 岩 顔 汽 記 帰 弓 牛 魚 京 強 教 近 兄

形 計 元 言 原 戸 古 午 後 語 工 公 広 交 光

考 行 高 黄 合 谷 国 黒 今 才 細 作 算

止 市 矢 姉 思 紙 寺 自 時 室 社

弱 首 秋 週 春 書 少 場 色 食

心 新 親 図 数 西 声 星 晴 切 雪

船 線 前 組 走 多 太 体 台 地 池 知

茶 昼 長 鳥 朝 直 通 弟 店 点 電 刀 冬

当 東 答 頭 同 道 読 内 南 肉 馬 売 買 麦

半 番 父 風 分 聞 米 歩 母 方 北 毎 妹 万 明

鳴 毛 門 夜 野 友 用 曜 来 里 理 話

でもそのまま書いただけですと、

あまりけんきゅうしていないみたいなので、

行をギザギザさせました。

このあいだ、

みやざわけんじ作の本にこんなギザギザがあるよと、

ヤスくん(タキビシ)から教わりました。

でもこれだけだと、

まだけんきゅうだと思ってもらえない気がしてきました。

〈ふくしゅう〉として、

一年生で習うかん字を付け足しました。

一 右 雨 円 王 音 下 火 花 貝 学 気 九 休 玉

金 空 月 犬 見 五 口 校 左 三

山 子 四 糸 字 耳

七 車 手 十

出 女 小 上 森 人

水 正 生 青 夕 石 赤 千 川

先 早 草 足 村 大 男 竹 中 虫 町

天 田 土 二 日 入 年 白 八 百 文 木

本 名 目 立 力 林 六

夏休みはまだはじまってもいないので、

ナキさんに見せると、

ギザギザだけではなく、

いくつかのかん字をぬき出して、

それについてコウサツすると、

ぼくはブンケイなので、

マンテンをもらえるよと教えてくれました。

ショウセツカとかサッカになれるとナキさんは言いました。

かんたんです!

そして、

ワクワクのサーフィンをすることになりました。

ツユですが、晴れました。

イチノミヤのスネークに行きました。

ここはいつもだれもサーフィンしていません。

三れん休なので、

こんざつするからとここに来ました。

今日もだれもいませんでした。

いつもの大きなヘビがあなの中にいました。

これがスネークというユライなんだと、

お兄ちゃんが教えてくれました。

ナキさんは、

「ウエットスーツいらないね」

そう言いましたが、

ぼくはあたたかい方がすきなのでウエットスーツをきました。

サバ手のたいそうをしました。

サーフィンでじゅうようなうごきです。

だれもいないのに、大きな波でした。

ぼくはワクワクしていましたが、

シーンとしたのは、きんちょうしたからです。

父ちゃんが、

高そくでボトムターンをして、

波の上にのぼっていました。

見ていると、

ドキドキしました。

父ちゃんはプロレベルだと思いました。

ナッキーさんもウエットスーツがいらないみたいです。

グラブレイルかっこいいです。

ツナくんさんは、

トランクスで、

ウエットスーツのジャケットをきていました。

バリノヤマザキさんは、

ニコニコしていました。

サバ手が上手だなと思いました。

お兄ちゃんは太郎と言います。

とてもサーフィンが上手です。

お兄ちゃんは、

ハッピーサーフィンのプロサーファーになるそうです。

ぼくもいつかプロサーファーになって、

毎日サーフィンしていたいです。

いよいよぼくの番が来ました。

ワクワクとドキドキでした。

アウトまでお兄ちゃんがたすけてくれました。

ぼくはまだ手がみじかいので、

なかなかすすまないなと思いました。

ビッグウエーブでした。

ぼくはシンカンセンよりもはやかったです。

あまりにも大きかったので、

ぼくは少しひるんで、

足を広げてブレーキをかけました。

でないと、

とんでいってしまうと思いました。

ものすごいスピードでした。

波にのると、

ワクワクでした。

人生で1ばん大きな波でした。

ディズニーランドよりおもしろいと思いました。

つぎの波は、

お兄ちゃんと一緒にのりました。

さいこうのワクワクでした。

お兄ちゃんの大きな声と、

父ちゃんの声も聞こえました。

わすれられないシュンカンでした。

今までサーフィンはかんたんだなと思っていました。

けど、ビッグウエーブだと、

スピードがすごくて、

かんたんではないなと思いました。

スピードが出ると、

かんたんにボードからふりおとされてしまいました。

これはお兄ちゃんとのりましたが、

ぼくのターンがゲンカイをこえてしまいました。

おちるシュンカン、

ぼくはたくさんのことを思いうかべました。

ずいぶん前にヤスくん(タキビシ)が、

このことを

「セツナのシュンカン」だと言っていました。

きっと、このことだと思います。

もうひとつおもしろかったのは、

ナキさんとハイタッチをしたことです。

サバ手が近づいてきました。

ぼくはこわくはありませんでした。

イルカの気もちでした。

これもわすれられないシュンカンでした。

かんたんでした。

ナキさんは、

お兄ちゃんともハイタッチしていました。

コントロールがセイミツなので、

できるんだぞと父ちゃんが言いました。

ぼくもそう思いました。

今日は雨がふっていますが、

またサーフィンに行きたいと思いました。

ハッピーサーフィン!

宮沢 二郎

【二郎くんが行ったスシロー】

【建国記念三連休特別文芸作品】奄美用ボードクイバー一覧_ジローとスシロー_(2349文字)

【二郎くんと部原】

【二郎のハッピーサーフィン日記】プレクリスマスセッション・ヘバラ編_(3393文字)

【台風波】

【動画編】『二郎のサーフ日記』台風12号_暑い日にNAKISURFでは_ソフトボード迫害記_(1692文字)

【二郎くんの初コンテスト】

【特大号】カリフォルニアの秋と二郎の書のすごさ_友人たちの週末_(3032文字)

【二郎くんの夏休み】

美しい川と波_【記憶編】二郎くん@千葉_(1431文字)

【二郎くんのかんたんでした!】

二郎のハッピーサーフィン日記『ゴールデンウィーク』_(2187文字)