新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】滑走ライン_ジミT_(1232文字)

The Blue Dragon Sunrise 2020 MAY

.

サーフィンには、

滑走ラインというものがある。

偶然というか、

成り行きの場合も多い。

だが、

しんのサーファーが目指したいのは、

タッチや加重だけで、

波の上、

下、

際、

腹、

先、

波の中を自在に滑ることだ。

「しん」とは、

真だったり、

というのを受け手だったり、

時々の心象風景で表現したかったので、

漢字一つではなく、

平仮名としてみたのです。

重要な言葉を思いだした。

サーフボードは浮かしてはもちろんのこと、

たとえ沈めても操作することだ。

ナイアガラ・キャプテン語録(1975.5.30)

【お知らせです】

第一弾を『タキビ神xNAKISURFxHAIR CALIFORNIA』

第二弾は『ボンザーxDRAGON GLIDE PRODUCTIONS』

として発売した『72時間限定完全受注生産T』

の評判がすこぶる良く、

ドラグラ本舗としても大満足なんです。

これは、

たくさん売れたというわけではなく、

購買された方が喜ばれているという意味です。

「レアになる気がします」(もうすでにレアです。笑)

💻

「これしかないのが震えるほどうれしいです🙏」

🏣

他3通をありがとうございます。

こんな喜びが聞こえてきた。

私も同様です。

で、

この企画を暖めていたわけではありませんが、

(T製作会社がGWのお休みだったのです)

ここに第3弾の発表をします。

『ジミ・ヘンドリックスT』

2004年の夏。

この年代は雑誌社の取材で、

他サーファーたちと各地に長期滞在し、

サーフをメインに生活していた。

コスタリカでのサーフ生活の時間というのは、

ときに過酷で、

ときに極上のものだった。

(巻末にコスタリカ・コラムをリンクしました)

その旅の中盤、

仲間がかけていた楽曲

『パープル・ヘイズ』に感じ入り、

ジミ・ヘンドリックスを深く知ることとなった。

やがて、

『彼のギグを袖で撮った夢』

を見ることになり、

そのあまりの夢体験記念もあって、

コスタリカ印のペンキで描いたのがこれ。

そして、

クラブキング出版の

「dictionary」の表紙となったり、

過分なほどに評価をいただいた絵画作品を今回の72時間Tの第三弾としました。

レギュラーボディには、

(私やミラー、ガールズ)

このペイントの基調となったパープルヘイズとホワイト。

ワイドボディは、

(NAKISURFスタッフふたり、ヘアカリ・カルちゃん、法王)

ブラックとホワイト。

(ワイドボディ選択にはそれほどカラー展開がない)

そして今回の特製タグをシルバーで。

ご注文されたい方は、

以下のページにお進みください。

2020/05/13〜2020/05/16《72時間限定受注販売》『ジミ・ヘンドリックスT』

私はレギュラーフィットのパープルを注文しました。

今から楽しみです。

Catch Surf Skipper Fish 6’0″

Nakisurf Original Twin – Mega Quad

【naki’sコラム】vol.5 ロマン主義者たちの冒険 / コスタリカ編 PART1

Happy Surfing and Happy Life Style!!