新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】共有ありがとうございました!_千葉の爆発系波_小夏こじゃんと_タヌくんの秘密_(1809文字)

こんにちは、

大きな嵐が抜けていって、

湧き水はあふれ、

トンビは高く飛んでいる。

【サーフィン研究所本気特大号&DGP会員限定記事】サーファーによる同調圧力等_(3691文字)

昨日のポストの反響がすごく、

朝起きると、

メール数十通、

インスタグラムのDMも50件以上、

しかも私が尊敬する人たちからも来ていて、

新しい人たちも多かった。

書いて良かったとひとりごちていた。

いくつかご紹介すると、

「このブログの内容は、

マスクを二枚配るよりも大切なことなのではないかと思いました」Yさん

「日本のサーファーには全員読んで欲しい」Sさん

「今まで我慢してきましたが、今度恫喝されたら訴訟することにしました」Mさん

「ありがとうございます。心が救われました」Kさん

シェアされた方々、

メッセージをくださった方々、

いいねをしてくださった人たち、

ありがとうございました。

#みんなでサーフィンを変えていく

3月の千葉。

すごい波であり、

無人の偉大なる海だった。

Catch Surf Skipper Fish 6’0″

Nakisurf Original Twin / Mega Quad

.

テイクオフはこんな感じだった。

この画像を見るだけで、

身体に熱いものが込み上がってくる。

たった2mの波高。

破壊力がすごく、

このリップ(波先)に向きよく叩かれたら、

骨折等はまぬがれないだろう。

そんな威力の波は世界的に見てもあまりないだろう。

ハワイの冬レベルの波質だった。

これは少し前のものだが、

自称「おばちゃん」こと、

冨永さんがやってきて、

「ナニ(小夏)をこじゃんと(たくさん)取りにいくで〜」

ということになった。

この2本の高枝切りばさみの片方は、

アルスコーポレーションのものであるらしく、

『ライトチョキ』とシールが貼られていた。

で、

72時間限定の、

ライトチョキTシャツを作りたくなった。(笑)

横浪半島下中山の冨永さんは、

ここで生まれ育ち、

20歳ごろ大阪に行き、

ご主人の定年退職と共に戻って来られた方だ。

Uターンという。

冨永さんは植物の栽培に詳しい。

そして膨大な量の果実樹、

野菜畑の世話に多忙だ。

全て有機栽培なので、

色や形が悪いが、

やたらと甘く、

これぞ小夏という風味がある。

たくさん取れて、

こんなにいただいた。

これをジュースにしたり、

ジャムにしたりしている。

ちょうどタヌ君が来たので、

これを飲んでもらうと、

「コレ、やたらとおいしいですよ」

そんなことを言いながらガブガブ〜っと3杯飲んで、

「ティムさんにタイヤを届けなくてはいけないんだよ」

そう言いながらあっという間にいなくなった。

ここは地域ネコやノラネコの通り道らしく、

ミヤアを筆頭に、

チャ(キャンディ)、

クロ、

そしてボスがやってくる。

全て私の命名だが、

最近はボスしか見かけないのは、

ボスは他のネコを徹底的に排除しているからだ。

このボスはネコには強いが、

人には警戒心が強いようで、

今までは南側の小屋の前までしか来なかった。

けど、

タヌ君を見送ると、

なんとテラスの長いすに座っていた。

ん?

もしかすると、

タヌ君がボスに化けているのだろうか?

訝(いぶか)しがって近づいてみると、

ボスは甘える系の「ニャア」と、

威嚇系の「シャー」と交互に吐いた。

うまく書けていないけど、

多重人格のタヌ君の一部がボスの中にいるのだろうか。

SFみたいだけど、

本当にそう感じている。

その理由は、

(想像だが)

タヌくんの成り立ちにある。

大きな橋の下に9匹のタヌキの群れがいて、

そのタヌキが見えないとタヌ君が登場し、

タヌ君が見えないとタヌキの群れがいる。

いつもそう。

ということは、

9匹のタヌキが合体してタヌ君に化けていると直感している。

なので、

このボスネコは、

タヌくんからこぼれ落ちたタヌキがネコに化けているのだろうか?

だからサイズが小さいのだろうか?

そのことを宇賀くんにSMSすると、

「Tanuki is trust」と戻ってきた。

“タヌキとは信頼関係です”という意味だが、

ちょっとわかりづらかったので、

もう一度聞いてみると、

「Happiness is a happy Tanuki」

幸せとは、楽しいタヌキのことです。

そう断言していた。

さすが宇賀くん、

やはり深いですと伝えると、

タキビ神からトリミロン効果についての色々が届き、

バリの教授からも電話があり、

その後、

私はラカ法王音頭の作詞をした。

【巻末リンク:コスタリカ伝記】

【特大号テクニック編】インパクトパドルという必須概念_張り付きの重要性_(3915文字)

Happy Surfingand Life Style!!