新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

夜明けイナリーズの美しさ_ジョニー・デップがノースハワイにやってくる!_郷に入れば玄界灘に従う自作BD3_(2905文字、短編です)

こんにちは、

ノースハワイは一番ブイが”7ft@17sec/NW325° ”

という波間隔が「17秒」というものすごい数値を計測しはじめた。

明るいうちにこの波は届かなさそうですが、

明日は大きくなりそうだなあ。

今朝は夜明け前からイナリーズに行ってきました。

現在ノースハワイの夜明け時刻は7時ジャスト。

一月の中旬に最も遅く夜が明けていた(7時11分)ので、

もう11分も縮まったということになる。

そして最早夜明け時刻が6月上旬の「5:49』。

これから1時間以上も早くなるんですね。

でも、こうして春に近づいているんですね。

2010_inaris_V3097

イナリーズのすごさは健在で、

底掘れするような強烈な盛り上がり方を表現していた。

上の写真をよく見ると、

バレルの先のショルダー部分がダブルアップ(段)していて、

これがあるとバレルは大きく拡がり、そして閉じづらいのだ。

なんだかコスタリカのデビルズ・ダンジョンみたいで、

あの旅を思いだしていた。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/10214

2010_inaris_V3155

美しい波。

こうして見ると硝子細工みたいだ。

撮ったデジタルファイル閲覧していると、色々こんな写真が撮れた。

2010_inaris_V3059

「何これ?」

と聞かれてしまいそうな構図と絵だが、

バレルの最後の最後までカメラを残しておいたらこんなのが撮れたのです。

画面を見ていただいて、

左側は上から下への波が写っていて、

右側は波の壁。

真ん中はリップからの飛沫、

そして左下はリップからの跳ねが鮮明に映っていた。

「どこかで見たことがありませんか?」

そーです。

これはバレルに入ったことがある人ならおなじみの

「巻かれる瞬間」の視界ですね。

そんな断末魔の、または天国から地獄に、

という一瞬を生まれて初めて写すことができて、マンシャな日です。

(マンシャ=満足撮影の略)

さて、こちらはワイメアタウン・フェスティバルが催されていて、

明日まで開催されているので、この島にいらしていたらぜひ!

昨夜行ってきました。

ここには純正の、正真正銘ハワイアンの歌があり、

20100220_r

本物のハワイアンフードが食べられます。

しかも入場無料。

20100220_lh

これは昨夜一番人気だったマラサダ・ドーナッツ。

5個で3ドル。

揚げたてはおいしいですよね?。

20100220_malasada

道路端では、ローカルサーファーによる盛大なBBQもあって、

いい香りがたちこめていましたよ。

20100220_bbq

そのフェスティバルで、

地方議会議員候補サーファーであり、

40年にも及ぶ波情報の権威のブルース・プリーに会ってしばし話をしていたんだけど、

彼はジョニー・デップの新作映画

『パイレーツ・オブ・カリビアン/オン・ストレンジャー・タイズ

(Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)』

の撮影天候アドバイザーをするんだそうで、

「えっ、この島で撮るの?」

と聞くと、

「そうなんだ。来月から2ヶ月かけて撮るそうだぞ」

「そうだ、ジュラシックパークに最近ではアバターもここで撮ったんでしょ。

次はパイレーツかぁ。なんだかうれしいなぁ」

「タイミングが合ったらデップにも会わせてあげるからな」

「だったらうれしいなあ。ジョニーは波乗りしないのかな?」

「撮影の合間にやるかもな。もしそうなったらお前が教えてあげるか?」

「もちろん!喜んで教えちゃうよ?」

そんな会話をしていた。

Pirates_of_the_Caribbean_On_Stranger_Tides

ジョニー・デップも波乗りをするといいのになあ。

もしかしたらもしかしますね。

それにしても「奇妙な潮位」というサブタイトルが気になっていて、

劇中で、カリブ海がものすごく干いてしまうのではないかと予測している。

この脚本はティム・パワーズ原作を骨にしているそうなので、

これを読むとあらすじがなんとなくわかりそうです。

pirates-of-the-caribbean-on-stranger-tides

本で思いだしたけど、

デジタル書籍というのがあって、

オンラインでダウンロードして読むことができる。

今度アップル社から発売されるiPadで読めたらいいのに、

と思っていた。

でもまだ発売にならないのですね。

「後30日以内」というのがアップルからの発表でした。

これは南島のジャック・スパロウ船長こと、

キャプテン津村さんのプライベートビーチ。

R0010037

撮影したDセンパイに言わせると、「ほんとニクイ」ということで、

家の前の海が私有地とは、本当にうらやましいです。

津村さんはお元気ですか?、今頃スペインでしょうか?

R0017008

あこちゃんにいただいた大事な大事な老舗福砂屋のカステラをいただく。

おいしいなあ。

カステラも大好きなんです。

P1140033

少し昔の写真になるが、

真っ黒に日焼けされた早川さんはノースハワイに来て真っ先に散髪に行っていた。

「髪のカットですが、なんて言えばいいのですか?」

と聞かれたので、

「そうですね。モハックと言ってください」

「モハックですね、わかりました。でもそれはどういう意味なんですか?」

「モヒカンという意味です」

「えー、それはまずいですよー。変に目立ってしまいますから」

と言いながら床屋に出かけてきて、

戻ってこられたらかっこよくハワイアンみたいになられていたから

「なんて言ったのですか?」

と聞くと、

「”ハワイアンンカット・プリーズ”と言いました。はい」

なるほど?。

と、『郷に入れば郷に従え

(When in Roma, do as the Romans do.)』

を実践されたところにノースショア歴の長さを感じました。

早川さん、さすがです。

メールを開くと、

まだ行ったことがない日本の南、玄界灘に浮かぶ桃源郷の島のMさんより、

「なんちゃってBD3が完成しました!!

初めてシェイプしたボードで?? 記念すべき一号機です。

デッキにローカルロゴと一緒に入れさせてもらいました!!

ボトムコンケーブが深く、しかも何本も入ってるから難しすぎです。

素人が真似していい板じゃなかったですね。

コールさんのシェイプの技術の高さにすごく感動しています!!」

DSCF0001

いやいやご謙遜を、

上手にシェイプできていますよ?。

なんだかうれしいなあ。

この方はNAKISURFステッカーを自作されていて、

そこまでこちらを想ってくださっていることに感動させていただいております。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/9259

いつか伺いますから、

みなさんの大好きな幸せ斜面を滑らせてくださいね。

DSCF0003

Mさん曰く、最近玄界灘には波がないので、

まだ乗られてはいないのだそうですが、

滑らせての感想をくださいね。

創作サーフボードというのは楽しいですよね。

それにしてもすごいなあ。

H(treasure come true)さんにもよろしくお伝えくださいね!

R0017013

そうだ、イナリーズで読書をしていたんです。

iPodで陽水さんを流しながら陽水さん特集を読む至福。

美しい日曜日をいかがお過ごしですか?

東うねりが入っているそうで、

その向きのうねりを受ける海岸はサーファーで賑わっているようです。

海にいる方はいい波に乗るチャンス到来のようですよ?。

海上がりは暖かく、「生姜甘酒」でもいかがでしょうか?

そういえばホットサプリというのも発売されていました。

原宿ショールームでは売っているのかなあ?

ちょっと聞いてきます。

すばらしい日にしてくださいね。

Be happy!