新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】室戸岬想波記_コーヒー_ドラグラ社報について_(1099文字)

Cape Muroto, Tosa Kochi

.

室戸岬の朝陽。

風の音に波の響きが混ざり合い、

鳶の声がこだましていた。

雲の反射。

せり上がった陸地。

『太陽』という恒星。

そのまわりをものすごい速度でまわる地球を、

具現化できるわけがないが、

ちょっぴりと感じられた。

さて、

嵐は去ったが、

その影響で海はまだストーミー・コンディションだった。

冬の季節風である北風という粒子によって、

うねりの面や角は削り取られていた。

9時には雨も止み、

波はその美しいフォルムを輝かせた。

ボンザーでサーフしたのは、

1973年の波に乗りたかったから。

そのときの波と、

今の波は何も違わないだろう。

数千年単位では波は違うだろうが、

50年程度では何も変わらないのが波質だろうか。

波で遊び、

海に感謝し、

人生を尊ぶという教本を手に入れた。

だが、

美しい波のすぐその先に護岸、

滅岸、

消波という人口的なものがあり、

それが理由で失われていく波が多くある。

直近で重要なものがあり、

それは奄美大島の嘉徳海岸です、

あの手つかずの美しい海岸に巨大防波堤を作ろうとしています。

かんたんに計画は中止するかに見えましたが、

苦戦しております。

詳しくは巻末リンクをご覧になってください。

「コーヒーですよ」

「はい、よろこんで!」

10年ほど前にコーヒー世界に’はまり、

コーヒーの産地で知られるカウアイ・ローステリーに見学しにいったり、

いろいろを調べてみるほど好きになった。

そして最近はコーヒーの研究をはじめた。

だが、

毎日何十杯も試飲していると、

味覚だったり、

香りの迷宮に入り込んでしまう。

具体的には、

『迷宮から出て来られない』

それほどまでに香りや味に対して自信を喪失する。

そんなときは、

サーフィンをする。

波を見る。

または、

裏の湧き水を見に行くと、

すっきりと気分転換ができる。

すっきりのキーワードは『水』。

なので、

食器等の洗い物も悪くないと思って喜んでやっている。

キッチン・ドランカーの方には朗報か。(笑)

さて、

私たちが掲げるハッピーサーフィンをプロモートする

『ドラゴン・グライド・プロダクションズ』では、

不定期社報を出しています。

それはいままでの広告作品掲載の場でもあるし、

もちろん主要人物のインタビューや生き方指南、

ボード自慢から、

剣自慢、

歌合戦に陰陽道と波乗り道の比較記事や、

そしてタヌ星の天気予報まで網羅して、

飲み屋の座敷では、

良くも悪くも人気があると聞いた。

その次号のページ割をここに。

【巻末リンク:ぜひお読みください!】

【サーフィン研究所特大号】本気で考える護岸工事という害獣シン・ゴジラ_奄美と千葉編_(2222文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!