新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】平らに落ちつつ、奄美タンカン&ニダーナ_(819文字)

ドラゴン・ピーク。

浅いが、

潮によってはそこまで浅くなくなる。

禅問答のようだが、

実際は当たり前のことを文字にしただけである。

(波乗り問答については、

巻末リンク*1を参照ください)

浅いサーフブレイクでワイプアウトするときはコツがある。

それは「平らに落ちる」というものだ。

可能なら石投げの要領で体が海面を跳ぶようになると、

波にも巻き上げられないし、

不思議と安全だと、

サーフィン研究所の報告としてまとめた。

シゲタマに行くと、

タンカンの季節となったようで、

このように袋売りされていた。

「奄美のたんかんは最高よ〜」

緑くんの発音と、

あの独特の抑揚で言うと完璧だろう。

キュウヌ ホコラシャヤ
イツィヨリモ マサリ
イツィモ キュウヌ グゥトゥニ アラチタボレ

↑鎌倉のしげるさんの奄美口を受けて、

緑くんが校正したものです。

この日は、

シゲタマ・ベントー夕方編だったので、

品揃えが洋風になっていた。

こんなこともシゲタマの魅力のひとつだろう。

シゲタマは重野玉里店の略だが、

詳しく書いたものがあるので、

巻末リンクをしておきますね。

(*2)

そのシゲタマで購入したデンマーク豚挽肉と、

龍郷クレソン、

Big2キャベツ、

ニンニク、

生姜、

味噌を内包した餃子と、

熱せられたゴマ油、

そして奄美の水という名の縁因(ニダーナ、Nidana)がこれだ。

前出のタンカンをしぼり、

そこに黒酢をそそいでいただくと、

こころは、

あてどない発揚をおこした。

まるで、

食べものの持つ魅力、

マジックというのが最大限に伸び上がったような記憶となった。

【NAKISURFよりお知らせ】

2021/02/06(SUN)【”CATCH SURF2021″ 第1便の先行予約がスタート★】

もっと書きたいこともあるけど、

本日はここまでとします。

どうぞ、

すばらしい火曜日をお過ごしください。

【巻末リンク*1:波に問い、宇宙に向けても問う】

【naki’sコラム】vol.66_波乗り問答_(969文字)

【巻末リンク*2:シゲタマ懇切解説号】

【サーフィン研究所・特別特大号】奄美パダン_[波乗道・操作型波乗印]_シゲタマ・シホーイン_(4482文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!