新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所沖縄道場】サーフ修行2万日のジェダイ・マスター_クルクルの桃源郷_(2538文字)

沖縄。

何人かからメールで質問を受けたが、

今回の旅の目的は、

サーフ・ジェダイに近づくべく、

ダニー・メルハド師範の内弟子となった。

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

夜明け1時間前にハッピーサーフィン・ハウスを出発し、

目的のブレイクを目指す。

フラッシュバックではないが、

34年前にノースショアで、

フィットハウスでの千葉公平師範による修行を思いだした。

あのときの楽しく、

そして厳しい毎日のことや、

牛越くんとか沼尻くんたちの顔が浮かんだ。

Danny Melhado on

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

ケリー・スレーターも認定するサーフ・ジェダイのダニー師は、

どんなボードでも波に乗ることができる。

私のスキッパーフィッシュも一本目からスラッシュバックを決めていた。

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

ご自身でも気に入られたようで、

こんな画像が彼のブログにポストされていた。

サーフィンでは、

元アメリカのジュニア・チャンピオンという才能を持って、

それから30数年後も真剣にサーフを続けているのだから、

やはり修行一万日という言葉を思いださせてくれる。

私は10年前にこの日を達成したので、

2万日を目指している身である。

(巻末リンクを参照ください)

Nacky on

Catch Surf® Skipper Fish X JOB 6’6″

Nakisurf Original Twin + Vektor VT

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

今回のベストライドはナッキーだろうか。

バレルにも入り、

インサイドのダニーが指定した位置から誰よりも長い距離を乗っていた。

師範の提案はやはり卓越したものがある。

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

マウイ島と石垣島を経由して沖縄にやってきたハッチくん。

頭脳明晰で、

すばらしいサーファーである。

最初の夜に一緒に食事をしてから、

私たちはとても仲良くなれた。

そのくらい国際的でオープンマインドな氏である。

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

これは私。

前出のダニー師範が乗ったキャッチサーフで師をなぞらえてみた。

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

私のベストウェーブ。

沖縄屈指のリーフで、

奄美での波を思いだしながら波壁に張りついていく。

テイル重心で、

体勢を低く、

全て師範から教わっている。

私は普段は先生となるが、

こうして弟子となると、

いままで見えなかった、

感じなかったことがわかる。

Photo by happysurfingokinawa.com

@happysurfingokinawa

.

無事に無傷でパドルインし、

これから恐竜の背中のような崖を登って車に戻って、

パワー・ブレックファーストとなった。

ダニー、ありがとう!

【奄美大島回想編】

今回驚いたのが、

島北部、

用安の『クルクル』というレストランのことだ。

キャパシティが限定的なので、

あまり宣伝してはいけないと思うのだが、

その魅力をちょっぴりここに。

地魚。

そのキーワードだけではなく、

沖で獲れた味が澄んだものだけを使ったカルパッチョ。

オリーブとか、

ありとあらゆるスパイスが魚の風味を引き立てて、

もはや桃源郷にいるのかと思ってしまったほどだ。

オーナー・シェフのヒロくんは、

ナチュール・ワイン信奉者で、

しかも自分の料理と合わせて飲んでいただきたいという一心で、

ほぼ利益など出ない値段設定がなされている。

そのおかげで信じられないほどおいしいワインをいただいた。

これは、

オーストラリアの天才奇才ルーシー・マルゴーのピノ。

これぞピノというべき風味でありつつ、

野生酵母のセンセーショナル。

しかも補酸も補糖も、

もちろん清澄剤やエンザイムという添加物もゼロだという。

ブラッドオレンジ、

チェリー&ベリーの香り、

リコリスやクローヴのスパイス感がありつつ、

飲んでいくと、

風味が深くなり、

それが懐かしいようであり、

どこか遠くのDNAに訴えかけるような、

追われるような余韻がこだまするような味でした。

それらと合わせたのがパテであり、

スガリという地ダコであり、

奄美は節田の野菜であり、

ヒロくん渾身のテリーヌであり、

背骨が溶けるカルボナーラであり、

そして渾身の島豚でありました。

あまり宣伝してはいけないと書いたが、

追憶でさえ、

筆が乗ってきてしまうほどで、

これが大都市のミシュラン・クラスならばありえる話だが、

奄美大島というところに感激してしまった。

ありえない話だが、

本当にあるリストランテ(ドレスコードはカジュアル)であり、

こうなってくると、

竜宮城の中のメイン・レストランのようだとも思っている。

これがそのヒロくん。

サービス・スタッフのタケちゃんと二人三脚で、

今夜もゲストを桃源郷に誘っているのであります。

【巻末リンク:サーフ一万日】

【自身波乗り一万日記念特大号】_夢は何のために?_朝陽は天の火_全てを包む海_波乗りはマインドスポーツ、いや宗教!?_石の上にも三年、波乗り日が1万日を越えた日_達人VS入門者_ローカルが一歩外に出るとビジター_海藻漁師_闘牛岬とチャバとタチアガリ_一蓮托生の夏_二万日を目指して_(3751文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!