新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所沖縄道場】沖縄に到着したジャイアンとガラさん前編_(1115文字)

美しい夜明け。

この海は沖縄東海岸、中部地区だ。

沖縄は広いので、

同じ中部地区ではあるが、

読谷がある西海岸からここまでは車で45分かかり、

南の奥武島からだと、

2時間(約65km)もかかるほど遠い。

先週末だったかな、

北のサーフブレイクまで行ったが、

奥武島からの走行距離が126kmもあり、

3時間半のドライブだったことを思いだした。

けれど、

往復7時間はなんとか日帰りできる距離で、

千葉から伊豆に行くのが片道5時間かかるので、

そう考えると、

そこまでの運転はしていないはずなんだけど、

勝手が違うのでとても疲れてしまった。

地元民、

観光客、

そして米軍関係者。

それぞれ違う交通マナーに疲れてしまったのだろうか。

さて、

葉山のガラさんとジャイアンが沖縄にやってきた。

私の旅先では、

今年だけで奄美に2回、

そしてこの沖縄と3回目のことになる。

早速私の師範であるダニー・メルハドをご紹介したところ、

「ダニーね。ふーん」という感じだったので、

ダニーは元WCTサーファーだよと言うと、

突然わかったようで、

「ダニーですね。今ようやくわかりました」

そうやって正しく反応してくれた。

ジャイアンはきっと羽田空港での混乱、

そして那覇空港でのいろいろ、

さらには沖縄レンタカー手続き、

さらには高速道路&329号線ドライブ、

さまざまな疲労で、

頭脳のハードドライブがほぼ休止しているようだった。

よくわかります。(笑)

@tadaokarasawa

.

北谷のアメリカン・ビレッジ。

USAが大好きなガラさん。

「俺たちの年代GHQに洗脳されたからさ、

アメリカがやたら大好きなんだよ」

細野晴臣さんと同じことをおっしゃっていた。

中部東海岸で私たちが大好きなサーフ・スポット。

ここで早速キャンプを開始したガラさん。

これもアメリカ式だと理解しつつ、

私たちは夜明けを待ってパドルアウトした。

「おーなんだよ、めちゃくちゃ掘れんじゃねえかよ」

そんなことを言いながら、

テイクオフを繰り返していたガラさん。

横山泰介さんと同じように大好きな大先輩で、

そして泰介さんよりも上の77歳。

ガラさんの止まらないパワーに元気をいただきました。

(この稿、明日に続きます)

クワイエットファンクさんとNAKISURFコラボTシャツ等、

ついに完成しました!

詳しくはこちらのリンクをどうぞ。

【サーフィン研究所奄美支局&ドラゴン・グライド・プロダクションズ特大号】77歳のガラさん_quiet funk craft works T_(5968文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!