新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所沖縄道場】沖縄4月の食べもの_(1026文字)

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

Photo by @happysurfingokinawa

.

サーフィンにはオモツライ日があり、

それがこの日だった。

良い波だが、

ここは陸からかなり沖であり、

しかもボートやジェットスキーなどはなく、

各人それぞれ自身のパドリングだけでここまでやってきた。

駐車場で着替え、

それからかれこれ1時間ほどすると、

この波がようやく見えてくるというほど遠かった。

(巻末リンクを参照ください)

サーフ・ジェダイのダニー・メルハド師範の

『ハッピーサーフィン道場」が沖縄読谷にある。

その前にはパンケーキ屋があり、

大人気の店でもあるが、

飲食店としては、

駐車スペースがほとんどないのが玉にキズだろうか。

寿司界の伝説「はま」に行くと、

こんなメニューがあった。

「お!」

そんな期待を持って、

イラブチャーとか地魚の握りや刺し身はないのかと探すが、

どこにも見当たらなかった。

もし、

はまやスシローに青い色の握りとかあったら、

地元の人は喜ぶし、

観光客も食べに来るのだろうと思った。

実際にイラブチャーはおいしいし、

ありえない話ではないはずだ。

書きすぎてしまったので先を急ぐ。

南部志堅原の朝日。

こちらも沖縄南部。

南城市は佐敷の名店『ウージ畑』。

ランチのみ営業。

不定休なので、

連絡して行かれるといいだろう。

この途中にファーマーズマーケットの名店

「あがりはま市場」がある。

ダニー師匠が大切にしている花。

とてもめずらしいらしく、

なんという名前なのだろうか?

そんなことが話題になった。

ダニー師匠の霊水。

いわゆる沖縄ビールだ。

沖縄マンゴージュース。

品がある甘さにうっとり。

キャッチサーフをルーフに乗せるときは、

こんなタオルを挟むか、

雨の日はネオプレーン等で代用できる。

サーフボードを屋根に積むのは大変のようで、

慣れるとかんたんなので、

こういう所作にもサーファーとしての資質が出ると思っている。

ピタンガの季節ですね。

一昨日のランチは、

この完熟したピタンガを摘んでお腹いっぱい食べた。

すると、

やたらと元気になれたことを今でも覚えている。

旬のものが体に一番良いという理由が、

こういうことなのかもしれない。

【巻末リンク:オモツラかった日のこと後編】

【サーフィン研究所沖縄道場特大号】沖縄サーフィンはオモツライ後編_スーパー・アウター・リーフ_ロジカル・ジョエル_沖縄北部の名店『IRIE MUM』(2196文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!