新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所特大号】法王誕生日に寄せて広報部より_スカシー到着!_仲間たちとサーフ!!_(2377文字)

ドラグラ会館での日々が終わった。

そして今日は法王誕生日。

NAKISURFカレンダー2021プロト版では、

このように記載があったのだが、

識者、

具体的には華厳さんから

「私たちはドラグラ世界ではありますが、

この法王は一般的でないので、

しばし様子を見たほうがいいのでは」

そんなやりとりがあったことを思い出した。

「こんなものも出回っています」

そうトロちゃんが教えてくれた。

誰が作っているかわからないが、

ドラグラ広報部全員が感動したことを付け加えておく。

ラカ法王といえばマカロニグラタン。

大、大好物でいらっしゃいます。

この法王誕生日イブでは、

ドラグラ主厨長(しゅちゅうちょう)が、

『料理人生の集大成だ!』という最高傑作が仕上がった。

マカロニに鶏出汁を吸わせ、

低温(およそ70度)かつ、

野菜のブイヨンを少しづつ加えて仕上げたものだという。

これは小島総料理長からの教えによるレシピで、

やはり一流は法王を知るといった言葉を思い出した。

法王は、

みうらじゅんさんではないが、

ブートレッグ・レディオのパーソナリティをされている。

お誕生日イブも収録があり、

横で至福の55分を味わった。

ブートレッグ・レディオの概要は、

法王のアレクサを使ったドラグラ・オールディーズ・プログラムだ。

「”エバーグリーンなオールディーズ・ソングから、

超カルトなレア音源までを

 最高の選曲と、まあまあな音質でお届けする」

ことをモットーに放送されている。

ご自身が法王である関係で、

広報部主導のリクエストでオンエアされることもあるが、

基本的には法王の音楽ルーツである瀧郎のシティポップを中心に、

さらにはタキビ神からのリクエストとお便りで構成されている(巻末リンク)。

@shotasan_

Photo by Tropical Matsumura

.

このしょたさんTシャツは、

ココナッツ・マラサダのノベルティでデジタル制作されたものだが、

ラカリーノ・ステッカーはNAKISURFで販売されている。(本当)

思い出したのは、

上に掲げたピカチュウ法王版のグッズ制作の案件のこと。

最近特に忙しかったのでそのままにしてしまった。

先日の読みもの

『蔵ラウンジ・ストーリー(巻末リンク*4)』の舞台となったスカシーこと、

スカイアンドシー・ムロトでは、

コロナ禍で宿泊者激減ということと、

以前からおいしいもの研究所であたためてきた

「フランス菓子」を室戸の絶品食材で作るべく、

高知のみならず、

四国でその名を知られる鉄人シェフのたけちゃんと試作を重ねてきた。

これまでは、

高名なエンジニアとして数々の特許取得されたドラグラ和尚こと河合さん。

「極まるお菓子を全国に発信したいです」と、

たけちゃんと試作を重ねて8回目に完成したという。

そこからさらに詰めて、

11回目で完全完膚の完成だというのでスカシーまでやってきた。

高知はもう真夏で、

ちょうど最高気温31.2度を記録したという。

河合さんの笑顔がうれしい出発12時間後の視界だった。

道の駅に行くと、

釣りたてカツオが150円という価格に驚いた。

500〜800円程度が相場だろうから価格破壊に近い。

出発前日に鎌倉長谷のアーバン・アイランド・ソシエティに行くと、

わりと知っているメンバーたちが集まっていた。

先日、

法王からのご加護を受けたエミリー(巻末リンク*2)が、

無事にお受験に成功されたと聞いた。

そのホーオー・パワーの武運に関係者各位が感服した日でもあった。

エミリーの指導者はジェット・アキラだ。

エアリアルを教えようと、

由比ヶ浜の三角のウエッジに向け、

ブレア・コンクリンのように高速で射出していた。

あれはおもしろそうだと感じた。

河合さんと合流し、

先ほど来た国道55号線を戻り、

東洋町で久保田さん夫妻と、

アパッチ亮太と一緒にサーフした。

Sky and Sea Muroto’s Eiji Kawai on

Catch Surf® Heritage Collection Nose-rider 8’6″

.

河合和尚によるタキビポーズ。

このポーズは、

千葉ジェフリーズ地区でのみ流行していると思ったら、

800km南のここでもそうであるらしく、

GoProをかまえながらうれしさのあまり視界がにじんだ。

NAKISURFのOBであり、

世界二周の猛者であり、

私にとっての師範でもあるアパッチ亮太。

(巻末リンク*3へ)

誠実で正義の彼は、

いま宍喰でハイエンド・ビーチ・ゲストハウスを主宰している。

海の前のこんなプライベートな休日を手に入れたければ、

インスタグラム

@pacificosurfhouse

に詳しいのでぜひ!

Nacky on

Catch Surf® Heritage Collection Nose-rider 8’6″

.

すっかり上達したナッキーは、

名作ヘリテージのノーズライダーで、

ドラグ(失速)のないライディングを見せた。

うねりはささやかだが、

距離が長いワイキキ系の波だと、

うれしそうに成仏(上陸)を繰り返していた。

Kubota’s on

Catch Surf® 10’0″

.

前出した10フィートのキャッチサーフに乗られた久保田さんは、

奥さんとシェアライドのみならず、

手をつなぎ、

そのフル浮力を利用してzoopと引き込んでいた。

海上がりはさまざまなことに感服しつつ、

無事到着を祝って、

このメンバーで甲浦の名店「いせや」に行き、

ハラミとかしわ、

そして銘品中華そばをいただいて、

室戸スカシーまで戻って泥のように眠ったのだった。

【巻末リンク:法王のブートレッグ】

【サーフィン研究所】楽しくする日ですよby山下達郎さんとタキビ神、そして法王二郎(ホーオージロー)_(1322文字)

【巻末リンク*2:エミリーと法王】

【サーフィン研究所】千葉の大きな虹_エミリーと法王_(1188文字)

【巻末リンク*3:アパッチ亮太とカレンダー】

【サーフィン研究所】バレルは後足荷重_競技禁断の方法_(1485文字)

【巻末リンク*4:スカシー・ストーリー】

【ドラゴングライドプロダクションズ文芸】蔵ラウンジ物語:室戸菩薩のこと_(3259文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!