新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所特大号】1973スティング_青いダイヤ波_ヨイヨで飛躍_(2098文字)

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

at the Ebisu, Muroto

.

台風うねりは続く。

すでに9日目となった。

今日からうねりが弱くなるというので、

とりあえず一段落といったところだろう。

Photo by @satoshikanayama

.

高知新聞の金山さんが、

私のサーフ写真を撮ってくれていた。

ただのサーフ写真ではなく、

ここは高知新聞社が、

*特集連載を立ち上げて超人気を博した現場でもある。

そんな場所なので、

浦ノ内販売所のエース金山さんが望遠レンズをかまえていたのは当然のことだった。

*「白いダイヤ」のこと。

Photo by @satoshikanayama

.

ちらちらと出現していたのでお気づきの方もいただろうが、

この台風では、

1973年のスティングに乗り込んだ。

肋間神経痛が少し収まっていたので、

ようやく硬いボードに乗れたというのが背景だ。

Sting 1973 Ben Aipa / Hiroyuki Maeda

6’2″ x 21″ x 2-1/2″

.

結論から書くと、

「驚かされた」

(スティングについては巻末リンクを参照ください)

なぜならば、

四十八年前のボードデザイン、

しかもシングルフィンが、

こんな硬い波斜面を自在に駆けるとは想像できなかったからだ。

テイルにあるスティング(大ウイング)が、

サイドフィンの役目をして、

テイルは絞り上げるように加速していくという代物だ。

朝陽のコーヒータイムには、

私を感動させたこのボードをつぶさに眺めていた。

1973年(昭和48年)といえば、

2月に為替レートが1ドル=308円の固定相場制から、

変動相場制に変わり、

泥沼だったベトナム戦争が終焉した年だ。

7月にはブルース・リーが死亡。

カーペンターズ兄妹が「イエスタデイ・ワンス・モア」を歌い、

アメリカン・グラフィティが公開された年だとあった。

そんなとき、

このボードはハワイのビッグ・ベンこと、

ベン・アイパによってデザインされた。

このボードの発案者ベンは、

花形フットボール・プレーヤーだった。

「大男で敏捷」

という特性を活かして、

彗星のようにサーフシーンに躍り出て、

1968年よりサーフボードのシェイプを開始したという。

音楽ではないが、

良いもの、

すばらしいものは永遠だと思える。

駐車場で着替えていると、

須崎の新庄川の主(ぬし)、

しんじょう君もやってきて、

このスティングに目を入れてくれた。

後に杉本さん夫妻が見えるが、

彼らの夏休みは波に恵まれた。

冒頭の画像で乗っていたキャッチサーフ6’0”の下にスティングが見える。

ちなみに先ほどの「白いダイヤ」というのは、

鰻の稚魚『シラスウナギ』の特集記事のことであり、

特集の見出し表現をお借りすると、

闇業者、ばんばん儲けゆう」

「万じゃない、が動く」

表?正規?かすな

こんなことであるらしい。

それにしても読み応えがあった。

この取材をした人は、

闇社会に足を踏み入れるということで、

命の危険まであったということだが、

よくぞ書いてくれた。

サーフィン業界も高知新聞社にならって、

告発系を出版されてみてはいかがだろうか。

(白いダイヤについては巻末にリンクx3しました)

【おいしいもの研究所】

さてさて、

「海原雄山をもうならせる」

という表現があるが、

そんなレストランが高知市内にある。

yoiyo

高知県高知市北本町1丁目3−23

グルメ派のシギーGは、

いつもおいしい店を探していて、

「高知でしたいこと」

そのひとつにこのヨイヨ訪問があった。

ちょうどカツオの季節なので、

私たちは、

「とんでもないほどおいしいカツオ」をいただいた。

お通しは、

モロヘイヤのジュレ。

絶品でした。

逸品ナスがあり、

その上にアンチョビとレーズンを炒めたものに、

松の実を散らして仕上げたグリル。

あまりのおいしさにシギーの目がミッフィー化していたのを見逃さなかった。

甘鯛をフライにして、

ヨイヨ特製タルタルソースをまぶしてたべる至福。

銘品『四万十鶏』を揚げたものに、

シギーは次々と、

「降参です」

という意味のうれしい旗を上げていった。

最後は、

この「そうめん」でそれぞれの人生を飛躍をつくった。

出汁のおいしさは世界一でしょう。

感激しきり。

大変おいしゅうございました。

ごちそうさまでした。

【巻末リンク:スティングについて】

【サーフィン研究所新作】1970年代のアイパ・スティング・アップデート再現_(1387文字)

【巻末リンク:高知新聞特集記事:『白いダイヤ』第二部全12回】

https://www.kochinews.co.jp/white_diamond_01/

【巻末リンク:高知新聞特集記事:『白いダイヤ』第二部全12回】

https://www.kochinews.co.jp/white_diamond_02/

【巻末リンク:高知新聞特集記事:『白いダイヤ』第三部全12回(完結)】

https://www.kochinews.co.jp/white_diamond_03/

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!