新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】波奇縁_びっくりカレー体験_モデル体型のタキビ神_(937文字)

Nacky on

Catch Surf® Special Skipper Fish 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK (rear)

.

深い海底を持ち、

突然浅くなる岩盤があれば、

このような波が出現するかもしれない。

この視界を得るためには、

うねりは2mはなくてはならない。

うねりの周期は10秒前後は必要で、

角度は南東。

風は北西ベースで強すぎず。

そう考えると、

すばらしい波に乗るということは、

ほとんど奇跡みたいなことだとわかる。

サーフィンとは、

そんな一期一会の世界だ。

それぞれの人生のように、

多種多様な波が存在する。

閑話休題。

フードトラック業界で飛び抜けた存在があるという。

それがこのカレー屋さんだ。

今回はピーナッツ・バター・カレーをチキンでいただいた。

ご飯やレタスと一緒に、

このナチュラル・ミスティック印のガラムマサラがかかっているところ、

またはかかっていないエリア。

感想は、

とってもおいしく&やさしく&うれしい味だった。

けれどそれだけではなく、

香りの奥深さや拡がりまでも着想させてくれるほどのカレーだった。

カレー達人だと聞こえる創造主リキヤくんと話してみると、

材料も国産はもちろん、

食の安全について真剣に考えており、

それはあれだけ食べた後でも、

またもう少しと食べたくなることでもわかった。

美食なのに胃に負担が少ないというのもすごいことだ。

キャプションには、

イタリアの海岸だとあるが、

せまいところからうねりが入るとこうなるのだろうか?

もしこれだけのうねりがあるのなら、

ショアブレイクにも渦ができて砂が舞い上がるのだろうし、

どうにも不思議に見える。

タキビ神は、

いわゆるモデル体型で、

ファッション・センスもとても高い。

こんなオーバーオールを召したショットを撮らせていただくと、

マグやんが困ったときにするポーズをされていた。(笑)

12月です。

今月もどうぞよろしくお願いします。

【巻末リンク:南東うねり】

【サーフィン研究所:テクニック編】テイクオフは張り付くのか、落とすのか?_大浦戸屋伝_市内とNALU誌_釣りキチ三平の芸術品_(1512文字)

【巻末リンク*2:タキビ神について】

【サーフィン研究所:盛夏特集号】デューク・カハナモク&タキビ神_(1639文字)

【巻末リンク*3:タキビ神と

シャッチョさんの名曲認定済み楽曲】

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!