新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】来年のNAKISURFカレンダー_波高5m、または2m?_鎌倉駅前散歩_(1125文字)

今年のカレンダーも最後のページとなった。

もうすぐお正月だなんて、

あっという間のことで驚いている。

【大切なお知らせ】

NAKISURFカレンダー2023の販売を休止します。

理由は、

物価高とか円安とかが影響しているので、

来年10月頃が安定していれば、

2024版で復活します。

ただ、

便利な度量衡表などがついた

『ポスター・タイプ』のものは制作する予定です。

こちらは発表までお待ちください。

「やばいです。

波高5mだとNHKで言っていました」

火曜日の夜、

友人が興奮していた。

水曜日の朝のうねり情報として、

私が確認していたのは、

波高2mちょいの8秒台だった。

(Windy)

NHKは沖合のうねり=波高を読むので、

わりかし大きめには言うが、

「もしかしたら?」

そんな予感があった。

今回はNHKよりもWindyに軍配が上がった。

というよりは、

計測エリアが海岸付近か、

沖合かの大きな違いだったのだろう。

サイズはそこまではないが、

そのハイプに乗って来た身であるので、

大喜びでパドルアウトした。

しかし目的の波は、

ばらついた、

表現するのならば、

千葉勝浦ブバラカ系だった。

The One / 6’4″ x 19-5/8″ x 2-5/8″

Nakisurf Original Twin-Fins

.

ただ、

その夜明けから数時間のあいだ、

数度だけはそのリーフの本領というか、

求めていた波壁がいくつかやってきた。

写真を撮ってくれたジュニアさんありがとう。

君の純粋な波乗り魂が伝わりました。

サーフ後は鎌倉妙本寺にお参りに行き、

鎌倉駅周辺を探索していると、

すぐに暗くなってしまった。

本当に陽が短い。

けれど、

いくつかの秀逸なお店に出会い、

その度にiPhoneを出していた。

鎌倉は、

すてきな感じなお店が多く、

古都と若者が融合した海沿いクラシックと言えばいいのか、

そんなエクステリアが見られた。

【ドラグラ読解力テスト】

こちらは中村豪さんの永遠の手下チャンケンこと、

ケンくんの奥さんの風雅な実家。

こちら古物商。

もはや昭和を閉じ込めているというか、

そんな風合いだ。

こちらも昭和一直線。

思い出したのは、

私が小学生のときは、

本屋さんはこういうものだった。

心が感激するほどの古典が営業されているのは、

やはりこの古都のトラフィックというか、

地元民と観光客双方顧客が、

しっかりとこういうお店を支えているからだろう。

そして大好きなカルディ。

チーズとワイン。

この後、

暖かい雨が降ってきて散策強制終了。(笑)

【巻末リンク:鎌倉別視点】

【サーフィン研究所】ジローの3点とは_レンバイと総料理長たち_(1656文字)

【巻末リンク*2:グレイト・サーフ】

【特大号:サーフィン研究所結実報告】波乗道を燃やすバックドアでテッタとのセッション_(3285文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!