新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ALL NEW! Praying Mantis by COLE!! テストモデル完成! 5’8″ x 19-5/8″ x 2-3/8″ BIR_(1509文字)

Dodge A100

それにしても四角く、

俺から見るとやたらと美しいデザインであります。

荷台はフルフラットなので、

サーフモービルか、キャンパーに最適ですね。

ジョニー・マンソンの新しいブランド。

『サンオノフレ・サーフ』

商標登録をパートナーのディーンが持っていて、

それは歴史があるすごい名前で驚いた。

かっこいいグラフィックTシャツ群。

すばらしいブランドとなりますように。

さてさて、

COLEのニューモデル

【マンティス】のプレシェイプが完成しました。

その昔、

コールの名を世界的に押し上げた

『ファイヤーフライ(Fire Fly)』

という不朽の伝説ボードがあった。

トライフィンしかない時代にクアッドフィンをデフォルトとし、

全てはレイルラインと、

フィン位置を詳細まで調整して圧倒的な推進力で、

多くのサーファーたちを虜にした。

その後、これらのクアッドシステムを

『ネオ・クアッド』と呼ぶようになり、

その創始者がコール・シムラー(COLE SIMLER)。

ネオクアッドの冠を引き継ぐグラスホッパーは、

特徴のある動きでコールの名をさらに大きくし、

グラスホッパーのスピンアウト版

『ルースキャノン』というのもベストセラーとなった。

余談だが、

このルースキャノンは、

コンペティション・サーファーのあいだでは、

あまり他の選手に教えたくないマル秘ボードとなっていた。

ジョディ・スミスしかり、

コロヘ・アンディーノ、

ブルース・アイアンズたちに受け入れられていった。

その親玉であるグラスホッパーを徹底的に解体し、

さらに小波にも強いワイドノーズとし、

そのワイドなエントリーエリアからの水流を効率よく流すために、

ボトムには、

バズーカモデルからの新開発

『トリニティボトム』

を採用したニューモデルが

この【マンティス(かまきり)】Praing Mantis

このマンティスのプレシェイプまで、

多くの時と、ボードを費やしてきたコール。

モデル決定まではさらに多くの時間を費やしている。

「シェイプは足し算じゃないんだ。

ノーズの面積を変えるだけで、

レイル、ロッカー、コンケイブ。アウトライン等々、

全てを変えないとマジックボードにはならないんだよ」

レイルはコール独特のソフトレイル。

サーファーに、ターンに対して、

さらには波に対しての許容範囲が違うレイル形状。

テイルはダイヤモンドからの派生であるバットマン。

アーチから引き継いだダブルウイングがついて、

テイルラインを短くし、

パンチの効いた強く、確かなターンを可能とする。

テイルを終えて、

またレイルラインを対角線上に仕上げていくCOLE。

シェイプが終了し、大傑作の予感からか、

思わず笑みがこぼれてしまうコール。

そうです。

マンティス・プロトモデルが完成しました!

コンピュータシェイプ・カットで、

COLEファミリーを支えるミゲールとライアンに見せると、

あまりのカーブの美しさに彼らの顔が驚愕していた。

サイズは、

5’8″ x 19-5/8″ x 2-3/8″ BIR

クアッドか、トライ。

またはツイン、ツインスタビの5フィンが装着されて、

ポリエスター、

4+4oz top, 4oz bottmのクロスで仕上げられてきます。

最速グラスホッパーを小弱波寄りにシフトするとは、

想像もしなかった。

これからをどうぞお楽しみに!

ジョニー・マンソンの副業「the Street Tacos」のご紹介です。

El Caminio Tacosとも言います。

サンクレメンテ付近の方はどうぞいらしてくださいね。

メキシコの屋台タコスそのままの味を再現しました。

めちゃくちゃおいしいですよ。

それではすばらしい日となりますように!

.