新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

サーフィングが大好きなカイ・フィン_プレイングマンティス・ジャパン_移動の長い日_機内映画評_プレイングマンティス@南房総!_(2396文字)

友人の長男カイに会いました。

彼は生まれて初めて波に乗った日から、

海の上の動く斜面に浮遊物で乗ることが大好きとなりました。

今日もお父さんのスコットと海にやってきて、

ウエットを着ている間が待てずに

浜でずっとテイクオフの練習をしていた。

かわいい。

それにしても良いスタイルです。

父スコットとカイ。

沖に出るときはこうしてお父さんが押していきます。

楽しそう?。

ある程度沖に出て、

頃合いの波が来たら向きを変えてもらって、

「それ!」

と押してもらい、

スタリとニンジャのようにテイクオフした。

“WOW!”

膝腰波がカイの胸肩波となります。

次の波にお父さんが乗り、

浮いているカイを迎えに行き、

また押されて沖に。

大波が来たらこうしてテイルを沈めて波の上に押し出してもらいます。

スコットはこうして自分のボードと、

カイのテイルを同角度で空に向けて押しだします。

これでかなりの波も越えられます。

初心者を教えるときは必須テクニックですので、

おぼえておいてくださいね。

ちょっと大きい波が来ると、

オーバーヘッドという省ナミなる子どもサーフィング。

ノースハワイもそうだけど、

サンクレメンテでもこうして子どもたちがサーフィングを楽しんでいます。

大人たちもちゃんと子どもたちのエリアには入らないようにしていたり、

そんなすばらしい環境がここにはある。

日本もそうなりますように。

キャッチサーフのビーターとか、

スポンジボードのオディシーなら子どもたちや

教える側も安全で浮力があるので最適です。

少し寒くなる季節ですが、

ウエットスーツが一枚あれば、

真冬の北風が強い極寒日を除いてサーフできるので、

お子さんにどうですか?

次の夏が来るまで成長するのを一緒に楽しめますよ。

突然、日本行き便が決定し、

自分の日本用プレイングマンティスがグラス工場から届くのを

コールシェイプで待つ。

美しいアウトライン。

ここにも子供用シェイプがありました。

5’1″のルースキャノン。

こちらは新作カーブボールとナックルボール。

右がカーブで、左がナックル。

アウトラインとレイルフォルムが違うだけの兄弟モデルです。

グラス工場の作業が立て込んでいるらしく、

待っていても時間がもったいないので、

一度コールを後にする。

スクリーンプリントの残りも終了させて、

http://blog.nakisurf.com/naki/archives/38361

MLBのポストシーズンをこうしてアイフォンハイブの大音量で聞きながら、

荷支度していく。

ややあって、コールからSMSが届いた。

なんと、

完成したボードをオーシャンサイドまで取りに行ってくれたのだそうで、

ギリギリで間に合った!

すごい!

奇跡のようなことだ。

ヘヘー。

俺の日本用プレイングマンティスです。

5’4″ x 19-3/4″ x 2-5/16″

といういつもの俺サイズ。

同サイズのカハナと一緒に持っていきます。

コールありがとう!

そのままフリーウエイに乗り、

5、405FWYと乗り継ぎ、

LAX(ロスアンジェルス国際空港)に到着。

ここまではロボが乗せてきてくれました。

そしてシェーンと同じ機なんです。

4V!

シェーンはこうして、

移動中もNAKISURFアパレルを着ていてくれるのは、

本当にありがたい。

じつはNAKISURFアパレルの多くには、

お守りである「鳥」が外、

または内側にプリントされているので、

安全なる旅行ができるのです。

その理由もあるのかな?

飛行機の中で映画を3本半見た。

まずは、

The Amazing Spider-Man

(ピーター・パーカー役のアンドリュー・ガーフィールドがすばらしい。

内容もコミック版に沿っていたのにも関わらずかなりおもしろかった。

でもCaptain Stacyがああなることが不満。原作の影響だろうが)

——————————————–

Dark Shadows

(ニューヨーク便で半分程度見ていた。最後の終わり方が続編を予感させるが、

これは元々ゴシック・ソープオペラが基調なので、そうはならないだろうが。

崇拝するティム・バートン作品)

——————————————–

The Avengers

(すごすぎる超大作映画。続編公開が2015年5月1日。

アイアンマンが大活躍で、

アイアンマン>ハルク>ソー>キャプテンアメリカ>ホークアイ>ブラック・ウィドウ

という順の活躍だったような。ここでアイアンマンスーツ7登場!

キャプテンアメリカに必殺技を使わせたかったのは俺だけではないはず)

——————————————–

The Doors Live at Hollywood Bowl 1968

(俺が3歳のときのジム・モリソン。初期のドアーズはやはりすごい。

ジム・モリソンは語り尽くされているので、

ジョン・デンズモアのことを。

キットがやけに簡素で、そのハードパウンドに感動。

彼もシェーン・ガラースのルーツでしょうか。半分で時間切れ終了)

——————————————–

航行中にものすごい乱気流(タービランス)が2度あり、

2回目はフライトアテンダントがつかまり歩きしながら着席したほどで、

さらにはそれが30分も続いたほどのタービランス。

無事に成田空港南ウイングの離れに到着して、

秋元さんの手厚い出迎えを受けて、

台風波の南房総までやってきました。

ミラクル受領したプレイングマンティスも無事到着しています。

これからバキキとサーフして、

そして武道館に向かいます!

それでは日本滞在の期間中、

お会いする方、

土曜日のアップルストアイベント、

どうぞよろしくお願いします。