新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

2012年の終わりにやってきた272度角度のロッキーショア_(956文字)

こんにちは、

いよいよ師走となってしまいました。

冬がもうすぐはじまりますね。

暖かくしてお過ごしください。

こちらは昨日からサイズを上げて、

4ft @ 15s? West (272°)

というほぼ真西うねりが届いているサンクレメンテ。

朝から雨模様で、南南東風が5?8ノット。

とすると、あそこがいいのでは?

と断定し、さとるさんと出かけてみると、

オーバーヘッド、オフショア、セット波多数、

ほぼ無人と、

それはすばらしいコンディションだった。

そうです。

ここはロッキーショア。

俺の大好きな冬の岬波。

通常は年明けくらいから地形が決まりはじまるのだけど、

今年は一月くらい早いお越しであります。

ちょうど10年前にここが歴史的にいい波となって、

それを雑誌の記事にしたものがあります。

それをコラムページのアーカイブに見つけたので、

ここにリンクしておきますね。

vol.25 懐かしのロッキーショア2002-2003(桃源高波祝有天)

https://www.nakisurf.com/column/column-25.html

業界初のシェイクスピアの引用を入れたサーフルポルタージュです。

ぜひ読んでみてください。

こんな波です。

岩場岩場のパーフェクション。

インサイドでチューブインしているのは、

NAKISURF以前の弊社チームのブンペイ。

それはすばらしいバレルをメイクしていた。

アウトサイドのサーファーはバレル内だろうか。

さとるさんにとっては、

初ロッキーショアと、

はじめてのオーバーヘッド波の挑戦日でもあった。

大壁を滑り抜けたさとるさんは、

「新世界でした!!」

と目を輝かせていたのがとっても印象的でした。

いい波でしたね!

M&Mのチョコレートで作った

「怪獣たちのいる島」

なんだか感動的なほど膨大な作業と、

あふれる情熱をこの大きな展示物から感じた。

アートっていいですね。

上のドルフィンアートは、

NAKISURFでもおなじみZパッドのアーティスト

ロイ・ゴンザレスによるもの。

やけにイルカぽい目と、

波に乗っている位置が完璧&すてきで、

サーファーならではのタッチが伝わってきた。

ちなみにロイも20年以上ものコールボード信者です。

こうして人と意識がつながっていく師走のはじまり。

明日は晴れますように。