新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

チャングーでウナクネ式リトリート_自然食品屋_為替の周辺_フレッチャー兄弟とデザートポイント!?_(1809文字)

Secret, West Canggu, Bali

.

すばらしいシークレット波。

バリはメインを外すと、

まだまだ無人で世界的なブレイクがある。

Catch Surf Odysea® Skipper Fish x JOB Pro 6’6″

Special Fins Canggu Bowl’s

.

チャングー・ボウルのライトは、

ちょっとしたハナレイ・ベイのような波であり、

すばらしいロングライドを味わえる。

旅で一番人気の強く、渦浮力で、

そして柔らかいという特徴を持つスキッパーフィッシュ6’6″を駆るナッキー。

7’2″ Single fin, Pin Tail

Dick Brewer Template

.

レフトは、

横にある岩群に当たったうねりがウエッジとなって、

フェイスがせり出すように寄ってくる。

スギさんのダウンザラインのセットアップ。

このチャングーボウルは、

かなりのロングライドが出来る。

複雑なピーク、そして読みづらいシフト。

まさに玄人好みのブレイクであります。

Catch Surf Odysea® Skipper Fish x JOB Pro 6’6″

West Canggu

.

毎朝10時くらいとなると、

熱くなった陸地を冷やすために

“サーマル”というクロスオンショアが吹いてくる。

日本でもどこでもある自然現象。

私はサバ手で、

そのちょっぴり荒れた斜面を走るのでありました。

Eureka GT 5’11” x 20-1/2″ x 2′ 5/8″

at Canggu Bowl

.

これは早朝。

超激速エウレカで、

ウエッジセクションを抜けていく快感は、

何ものにも代え難い。

このブレイク『チャングー・ボウル』から

バイクで5分まっすぐ行ったところに

“Bali Buda”というウブド発の自然食品屋の支店がある。

地元の人は、

「まさかここにバリブダができるとは!」

そう言っているので、

そんなさびれた通りにある名店らしかった。

ここはホールフーズマーケットのバリ支店の様相を帯びていて、

それでいてバリの温かさ、豊かさを伝える食品店であった。

「2階はカフェです。行ってみます?」

階上に行ってみると、

それは美しい店内があり、

私たちは発酵が進みすぎたようで、

炭酸が抜けてお酢になったコンブチャと、

それはおいしいアメリカーノを飲んで、

午後の豊かな時間に浸るのでありました。

さて、

一昨日レートが上がってきているというので両替をした。

こんなアジアの端であろうとも、

米朝首脳会談の影響は大で、

そんな余波を受けての120倍というレート。

つまり1円が120ルピア。

1万円が120万。

計算機のケタが足りなくなってしまうほどで、

両替後の分厚い札束をポケットに入れてあるくのもバリ風味だった。

近所のワルンに食事をしに行く。

チキンの焼いたの

フライドチキン

コロッケ

コーンフリッター

アヤムサテ(焼き鳥)

ほうれん草炒め

餃子みたいなの

ご飯

で2万5千ルピアだったので、

それを1円=120ルピアで計算すると、

208円の夕食だった。

【お知らせ】

ウナクネ(オルナタティブサーフのことでもある)をコーチします。

そんな文体ですが、

バリ・チャングーエリアで一緒にサーフしましょう。

ガイドはスギさんで、

私はウナクネ特別講師として参加しています。

【お知らせ】6/10~7/5はバリでBow’s Surfさんとのコラボ企画『ウナクネ(オルタナ)&全てのサーフ&ライフスタイル構築コース』を実施します!_(1737文字)

エアアジア、ガルーダ航空で梅雨空から真夏の先取りをして、

すばらしい波に、

そして忘れられない夢波を得にきてくださいね。

ちょうどクリスチャン・フレッチャー⑬から連絡があって、

「ネイザン(フレッチャー)と(三蔵)瀧朗㉚と一緒にデザートポイントに行くぞ」

そんなことであるらしかった。

Surfマガジンの取材だが、

私はこのウナクネ日々なので、

「ウナクネコーチの予定あり、チャングーかパダンパダンだったら行くよ」

そう返信して少し経つと、瀧朗から電話があり、

「あの兄弟が揃ってデザートだなんて、歴史的なことですが、なんとかなりませんか?」

そう懐柔されたが、

「今は行けない。ウナクネでエウレカだからね」

そう答えると、きっと私のブログを読んでいようで、

理解したのか、さっとあきらめてくれて残念そうにしていた。

クリスチャン、ネイザン、いつか一緒にウナクネできる日が来ます。

瀧朗はいつもウナクネしているから大丈夫。

Happy Surfing and Have a great Saturday!!