新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

180808無人激烈パーフェクト妖怪変化波発見!_(1404文字)

20180808.

やたら8の付く日ですね。

ゼロをはさんでゾロ目でもあります。

EC SURFBOARDS Cosmic Fonzer step-up 7’2″

Five Fin set-up

.

台風を追いかけて、

徳島まで行くも、

夜明けに波をチェックすると、

オンショアだった。。

で、

大きな岬があったので、

その裏に行ってみると、オフショアだった。

うねりもしっかりと入っていたので、

あちらこちらに目を入れていく。

誰も来ないところばかりで、

というか、ここは高知を走るには遠回りのルートなので、

車すら来ない場所ばかりだった。

パーフェクトな波を見つけたが、

良く見るとそれは浅い岩盤、

つまり20cm程度の水深エリアがあったりして、

危険すぎるので断念しつつ、

「なかなか夢のような話はない」

そんな結論になるが、

あきらめずにとにかく探すと、なんと。

なんと!

あったのです。

無人ブレイク。

しかも超が38個ほど付くほどのパーフェクト。

慌てて高知の友人たちに

「無人です。パーフェクト。ぜひ集合」

とSMSを送ったのだが、

あちらから二時間強と遠いこともあって、

または信用されていなかったようで、

結局来たのはベンチュラセイジ友人の川野竜一くんだけであった。

Ryuichi Kawano on LARRY BERTLEMANN Twin

.

とにかく、ここでサーフしまくり、

結局は11時間も滞在し、

無人超パーフェクトという夢のような事実だけが残った。

仁淀川河口で常にサーフしている竜一くんをして、

「かなりゴッツイ波です」

そう言わしめるウエッジ系の、

しかも山で大雨が降ったようで、

沖への激流をかきわけてのテイクオフは迫力があった。

これが私の一番の波だっただろうか。

午後、潮が上げきって、

バックウオッシュ、流れ、

そんな全ての事象が重なった一瞬でもあった。

エリック・クリステンソンことEC謹製のボンザー。

ECによると、

Regular one has wider round tail Step up has narrower round pin.

とあったので、

私のはステップアップなのでテイルラウンドピンで、

しかも細い仕様になっていたのが、

この初乗り波で活きたようだ。

前出した沖への激流が、

テイクオフを倍近く遅らせる。

画像で見ると後一漕ぎなのだが、

本人は「さらに二漕ぎ」

とやった後でもこんなにハングしてしまっていた。

とにかくレイルワークと、

フィントラクションだけに集中して、

暴れる波に滑り降りていく。

Only a Surfer knows the Feeling…

ここで張り付けたらバレル一直線なのだが、

振り落とされるのを耐えるのが精一杯で、

そこまで速度を落とせなかった。

よって、体もバラバラ。

そのくらい揺れ動く妖怪変化波。

でも円い美しい斜面は見えて、

気持ちは沸き立つようになる。

はい、

これでファーストセクション入場完了。

この後のシークエンスは、

動画を作ったときにでも公開しますね。

終日無人の1日だった。

竜一くんと、

「こんな奇跡みたいなことがあるんだね」

そんな話題となり、

ここに連れてきてくれた波乗りに感謝し、

そして四国に、

さらには夢波到来に地元産の栗焼酎と、

竜一くんが届けてくれた土佐田舎寿司で乾杯したのでありました。

We Love the Happy Surfing!!